記事一覧

人民解放軍を、途中で、辞める事で、生じる、不利益

罰金

 (弌)外にも、色々な返済の義務が、課せられつつ、(弐)政府の機関や、国営の企業には、非正規雇用を、含めて、「生涯に、就職する権利が、剥奪される」との事。

記事
人民解放軍を辞めたらこうなる――過酷な処分内容を公表 中国
 ・CNN
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月17日

僕の見解

 どこの国でも、同じ。

 実は、僕が、学生だった頃に、同じ学生(学部)で、『(甲)自衛官が、居て、(乙)更に、僕が一年生の時、同期にも、自衛官志望の者が、居た』が、その(乙)が、「入隊を、行いつつ、学生を、続ける事を、選んだ後、訓練が、きつくて、学業が、行えないので、自衛官を、辞めたい」と、僕に、相談が、有った。

 また、(乙)が、「上官に、『辞めたい』と、申出を、行うと、毎日に、深夜まで、辞めないようにと、説得されている」との事だった、

 そこで、僕は、事情を、(甲)に、伝えつつ、(乙)の救済を、試み、その後、漸くに、(乙)が、自衛官を、辞めれる事に、至った。

 更に、『異常な説得』は、自衛隊に、限らず、どこの軍隊でも、行われており、更には、指定暴力団(暴走族、犯罪の組織)等でも、同じ事が、行われているに、留まらず、民間の企業でも、行われており、挙げ句の果には、(似非)宗教の団体でも、洗脳的に、行われている程で、消防、警察の分野でも、行われている事が、解っている。

 よって、本件の記事は、あたかも、人民解放軍に、限られたような、内容と、成っているが、米国、英国を、含め、どこの軍隊でも、似たような事が、生じているだけに、留まらず、世間の一般でも、極普通に、生じているような事なので、十分に、注意する必要が、有る。

 なお、僕は、「公務員制度の外で、本邦に、共産の主義を、持ち込む事は、不適切だ」と、思っているが、似非民主主義を、支持する事も、無い。

補足

 「中華人民共和国における、人口の過多を、想えば、事件(発生)数の観点では、異常に、少ない」と、想える。

 また、他の先進国における軍隊の方が、『(A)無差別殺傷事件。(B)自殺』等を、含めて、深刻だとも、想える。