記事一覧

秋葉原・連続殺傷事件に対する『よろFiling』の的中!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/12(木) 午後 9:05

ファイル 8076-1.gif

よろFilingの的中

 秋葉原・連続殺傷事件の犯行者における性格や
家庭事情などを、一般に公開される前に、独自に
『よろFiling』として、記載をしている。

 此れに於ける内容と、今回公表をされた内容を
比較すると、ほぼ一致している事が解るのである。

なぜ解るのか?

 私は、此れ迄に犯罪における心理などを独自に
研究をする時に、自己の感情なども検体として、
考慮しているのである・・・(。-`ω-) ん~♪

 つまり人間は、誰しもが犯罪者になることが、
予め想定をされて刑法、刑罰があって、それらの
被害者になる可能性もあるのだ。

 加害者にも被害者にもなりたく無いと言うのが
一般人の心理である。

 しかし、それを行なう者が居て、その被害等を
受ける者が居る。

基本的な心理

 大きく分けて、二つあると私は、判断をしてる。

1.幼少期から自分を含めて、知的な意味合において
 劣っている(劣等感)を抱いていた。

2.此れ迄の人生において、挫折を感じたことが無い。

 この二種に置けるでは、自我が破壊しているとの
状態に陥る可能性がある。

 しかし『1.』では、慢性的な状態から、それから
逃れる方法を求める傾向にある。

 ところが『2.』に関しては、自我の崩壊によって
生じる心身上の苦痛は、耐え難い状態に陥る傾向に
あっるようです。

 これと似た現象で、良く見られるのが『恋愛での
失恋』であって、それを経験した事が、あると言う
人なら、その苦痛が、どのようなものか、理解等が
できるのかと想われます。

 しかし、その苦痛の度合いにも個人差があるが、
失恋によって、自殺願望を抱く場合もある。

これらの観点から・・・

 人が思っている程に、人の感情が複雑でわなくて、
条件反射の如くに心情を切っ掛けにして不当、不法
などの行動を行うのである。

 つまりは、何だかの影響を受ける事でFrustration
(ふらすとれーしょん)となってしまい、結果的に
Hysteric(ひすてりっく)になってしまう。

 此れによって生じるのが、無差別殺人なのですが
結果的には、八つ当たりと言う事になります!

 只、その八つ当たり規模が重犯罪に値をするとの
ことになるので、皆さんが想像をしているような、
『八つ当たり』とは、異なるようです。

 さて、その脅威から逃れる為には?