記事一覧

No.0766 圧力(圧迫)

配信 平成27年12月12日
= 元祖・万(よろずがく)学 =
No.0766
作成 平成27年12月12日
課題 圧力(圧迫)
送付 平成27年12月12日

日本国の憲法

 日本国の憲法における前文の第二段落目には、
「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の
関係を支配する崇高な理想を深く自覚するので
あつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に
信頼して、われらの安全と生存を保持しようと
決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、
『圧迫』と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を
占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、
ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに
生存する権利を有することを確認する。」と、
示されている。

 つまり、「圧迫は、強く押し付ける(圧力を
加する)行為であり、圧力を受ける(被害)と
異なる」ので、その行為を地上から永遠に排除
するように努める事を意味する。

Judea(Judea)の考え

 近年に、「人は、圧力を受ける事で、有能な
技能を得る事が有る」と、判断している人達が
居るらしい。

 それは、Judea(ユダヤ)教、並びに Christ
(キリスト)教の発想で見られ、軍事などでも
その象徴を絵柄にしている。

その象徴とは

 Diamond(ダイヤモンド)である。

なぜ、象徴が Diamond なのか。

 実は、単一的に Diamond を意味するのでも
なく、もともと人体が科学(医学)的に多くが
炭素(元素)で形成されていると言われており、
Diamond は、炭素に高圧力が加わって発生する
ことから炭素を人に例え、それに圧迫を加えて
誕生した人材が、Diamond のような美しい者と
解釈される。

 それに例えて、「人は、高圧迫を加えられ、
それに耐えようと自らの能力を訓練で高めると、
稀に優れた能力を発揮する人材が誕生する」と
解され、「一般の人が、Diagram の原石を手に
取っても、唯の石に過ぎず、それを美的に加工
する能力が有る者達により、初めて高価な代物
と成る」と言う解釈である。

 つまり、「優れた才能を有する人材が、誕生
する事があっても、それを扱える管理者が無い
状態では、原石のまま(人材の価値が、然程に
無いまま:例えば、才能が有っても世間的にと
貢献が行えない、有益な活動が行えない等)で
人生を終えてしまう」ことを意味する。

 ちなみに、この場合における管理者の観点は、
「自己を管理する」との発想も含まれており、
必ずしも他人に管理される事を意味してない。

 よって、「人は、高圧迫を加えられた場合は、
高度な能力を有する人材が育ちつつ、それらの
人材を管理する、相応の能力者も必要とされ、
その地位を、Judea 系( Freemason に所属する
全宗教人員、及び Christ 教を含む)が支配を
行いたがっており、他でも宗教(似非を含む)、
思想、政治などの団体も、同じく相応の地位で
人材を管理する事が可能になれば、社会的にも
優位な地位を得られると判断している傾向にと
有るようです。 

 なお、西洋における労働分野の思想で、Blue、
White、Metal との観点が有り、それに近年だと
Diamond、Platinum も加わったと想われるが、
Metal、Diamond、Platinum との分野の人材も、
多くが実質的に White 層にて管理されている
ので、基本的に管理者の地位が White と成って
いる。

結語

 これまでの人類史から、軍事などにて使われる
象徴として、他の生物を襲う生物が多く用いれて
いる。

 今回における Diamond での発想は、明らかに
「 高度な技術者技術者を、人が支配する 」との
発想となり、そこに宗教的な思想が加わった観点
と成る。

 既に、Diamond を象徴とする観点は、多くで
取り入れられているらしく、自衛隊などでも、
『 特殊作戦き章 』にて取り入れられているが、
「 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫
と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる
国際社会において名誉ある地位を占めたいと思ふ
」との観点を踏まえて考えるなら、矛盾した発想
(圧迫を地上から永遠に除去しようと努める為に、
故意に圧迫を受け、それに耐えて技能を磨く)と
成っているのかと想え、ある意味で違憲によって
産まれた『 負義の掛け算(負×負=正:これの
発想は、他でも応用があり、経世済民の観点だと
『悪行×倫理上において不利益な活動=悪徳※』
と表す事も可能に成る、悪魔の方程式にと成って
いる) 』で成り立てしまう。(自衛隊員による
自殺者も多い)

 嘗て、織田信長の時代には、天下を統一すれば
戦が無く成るとの観点も有ったようだが、それは
狭き島国内での事であり、それを地球上の観点で
想えば、「戦争を無くす為の世界戦争が必要だ」
と言う発想に行き着く事(思想、観点)も、多く
有るとの現状も理解できるのかと思う。(例えば、
統一教会の発想など;僕的には、統一教会を宗教
として認め難く、同胞主義者の一派に過ぎない)

 ちなみに大日本帝国の時代では、「花火やかに
散る」と言う発想を美化している傾向にあって、
現在では、Terrorism における自爆作戦の人材を
育てる時に用いられる、心理の操作でも使われて
いる発想と成っており、その応用に広くは、愛国、
狭くは、企業への愛社精神、更に狭い分野では、
恋愛(自爆的な告白など)、極端に狭い範囲では
「自己の気持ちや身体に劣等感を抱いて、自身を
破壊してしまう自決」までもが含まれる。

 つまり、圧迫は、他人に対してだけ行う事にと
限らず、自らを圧迫して破滅することもあって、
Card Game の Black Jack で例えるのなら、18、
19、20 の数値を得る事を極める(追求)観点に
似ており、多くが未熟(17未満)状態で留まるか、
Burst(バースト:自らの膨張で、破裂する)にと
至るが、それらの駆け引きに付いて、性格が出る
と言われており、その GAME で論理を学ぶ事こそ
『 真の遊びだ 』と想われる。(この節に付いて、
Donald John Trump に説教してやりたい)

後書き

 尚、日本国の憲法における前文の第四段落目に、
「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげて
この崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
とも記載されているが、それらを守って(護って
いる)いる国民は、少ないのかとも想われる。

=== 笑いの電動コケ師達 ===
万学的、帰ってきた天才、秀才、万屋♪

<お題>
万学的、圧力(圧迫)

天才 今時代の家庭では、亭主への圧迫が問題。

博士 それは、夫の健康を害するに値してます。

秀才 つまり、血圧などにも影響します。

万屋 妻の尻の大きさと、尻圧の関係を研究中。

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =