記事一覧

弁護士を公務にすることは、可能か? その1

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2006/8/21(月) 午後 9:32

ファイル 5413-1.jpeg

弁護士を公務にすることが可能かを検討してみたい。

弁護士の仕事は、法的知識にて個人の尊重を弁護したり、
法的な知識を当人に助言する役割を担っています。

 しかし三権分立の観点で、立法(国会)司法、行政と
分けられるので、それにおける観点を十分に考慮したい。

 日本の弁護士は、西洋地区のLobbyist(ろびーすと)と
類似した活動をしており、民に法規的な意味での制限や
主張などを助言し、生活を向上させることもできる。

 しかし日本国内では、一般的に弁護士と言う印象は、
悪人などを弁護する、自分が不利な立場になったときに
有償で助けてくれる人との感覚が強い。

 そもそも、裁判などの審判行為を”卑劣な権力”だと
言う人もいたりするが、基本的に日本国民が憲法配下の
法規によって、悪人も含めて守られている事を把握する
必要があります。

 そもそも法規は、憲法配下にあると言っても社会的な
基盤となる分野であって民衆的な共存的なる法規であり、
現状でわ悪党を含めて、それに保護されている。

 国家規模でのCompliance(こんぷらいあんす)などを
強化するためには、どうしても法的な理解力が全国民に
必要であって、それにおける指導能力なども問われてる。

 それらを踏まえて、弁護士の公務員化によって国民の
誰しもが、法的な助言を受けられる体制を整えつつも、
国家内での刑事分野での倫理性を高め、更に国民として
人材力を世界規模で発展させる基盤となる必要があると
考えています。

 その為には、現状における応急処置として弁護士達の
公務員化と、それに付随して義務教育での刑事事件等の
発生心理についてを十分に理解させる必要があるかとも
想像しています。

 以上を踏まえて、検討をしてみたい!