記事一覧

過疎の市町村で、三十代の女性が、増えた

田園の回帰

 住民の転入が、転出を、上回る、人口の社会増は、調査を、行った、811の過疎自治体(市町村)の内、1割の71で、5%以上の人口増は、14。

記事
過疎市町村で30代女性増 田園回帰には地域差
 ・日本農業新聞
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年08月19日

僕の見解

 若い世代の女性が、『(あ)農村』、並びに、『(い)自然の多い、地域』へと、移住する、条件が、有ると、想える。

 女性の一人旅、等、『自給で、自足の生活を、試みる』と、言う、感覚が、人気と、成り、その体験が、災害時の減災にも、繋がって、いる。

 又、『市町村の開拓』と、言う、点でも、重要視され、『(A)男性に、多い、感覚』で、『建築、増設な観点での開拓』(建築の労働による、開拓:出稼ぎ、等を、含む:つまり、居住地、家庭が、別の地域に、有るか、無いが、労働力の提供で、賃金を、得る為に、開拓に、値する、建設の労働に、参加)と、『(B)女性に、多い、感覚』で、『移住、居住地周辺の環境を、開拓、及び、自治(風紀、防犯、防災、公共の施設、福祉の充実性、等:家庭の安定を、想う、感覚)』が、有る。

 「近年の若い女性は、比較的に、健康な人が、多く、且つ、老後迄の観点を、過剰に、想う、事が、無い」(何か、有ったら、都心へ、戻って、生活を、行えば、良い:転居、移住を、自由に、行える、世代:外に、、無知な状態)と、想え、『(ア)大学生、定時制高校(社宅、寮に、入り、労働、並びに、学校に、通う、者)、就職後に、一人で、暮らす』、『(イ)自由な行動』、『(ウ)必要な資金は、学生(高校生)の頃から、稼ぐ』、等の『自立性の高い、生活の体験を、行う、機会が、増えて、いる、事』が、原因と、想える。

 その反面で、男性の必要性も、問われ、『(a)発情の抑制』(性欲の充実感)、『(b)出産』との類で、必要と、成る。

 「(a)が、『単身、又は、同性』で、満たされて、いる」との状態で、「(b)を、欲さない、又は、異性から、精子の提供を、受けて、満たす、等」の条件が、揃うと、過剰に、男性との婚姻を、求める、必要性も、無く、成る。

 男性の同性愛だと、(b)を、『養子(親の遺伝子を、引き継いで、無い)、等』で、満たす、事も、有る。

 一般だと、『(a)、(b)を、男女の夫婦で、共同』(仕事量、等の感覚で、不一致が、生じれば、夫婦間で、不満が、生じ、論争に、至る、事も、有る)が、先進国の理想な家庭と、想える。

 前出の『三段落』を、前提に、どのように、「生活を、満たすのか」が、問われ、『単独』と、『夫婦、他者との生活、等、複数人での生活』に、分けられ、その生活で、『充実が、可能と、成る』、為に、「(甲)自らで、開拓を、行うのか」、「(乙)複数人で、共同で、開拓を、行う」か、「(丙)予めに、ある程度の、福祉が、保証された、地域(環境)で、生活を、行うか」の三種に、分けられ、『(甲)、(乙)』型の人が、増えて、いる、状態に、有る。

 また、農業の近代化が、進み、「だいぶ前から、農業の教育に、情報処理技能(IT、AI、等、電子の制御、等)が、導入されて、いた」との効果から、若い世代で、農業の形式も、進化するに、至って、いる。

 今時代の観点で、極端な進化だと、『農業の工場化も、有る』が、それが、『宇宙での農業』(地球外での農業)に、繋がる、事を、誰でもが、解るのかと、想える。

 人(単身、家庭、集団)の生活と、生活の充実性を、個々で、工夫を、行い、それを、『(か)他者に、販売(利用料の提供を、含む:つまり、商業、並びに、収益に、繋げる)』、『(き)無償で、提供を、行う』、等で、『他者が、起案の利用を、行う、事』(『利己』か、『他者と、共有を、図る』のか、等)の観点も、重要視される。

 よって、前出の(甲)、(乙)が、『若者世代の自由な開拓心』(試み)から、可能な限り、挑みつつも、「駄目だったら、都会に、戻れば、良い」と、言う、「『近代の環境』(余裕、保障)が、有れば、こそ」と、想える。