記事一覧

『ふりーたー対策』? 若者達に、必見!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2008/12/12(金) 午後 9:18

ファイル 5015-1.gif

<参考1 YahooNEWS1>
<参考2 YahooNEWS2>

 近年における労働分野における低収入層は、
女性や主婦などでも、高収入な仕事が得られる
と言う半面で、男性による高収入の場が減り、
これまでの雇用形式が、男女均等が図られたと
言うことが原因にあるのかと想われる。

 つまり昭和の経済好景気から、女性社長も、
登場して、広く女性の世間的が認められた後、
女性を男性同等の給料で起用する企業が増え、
相応の仕事量も課す事になった。

 その半面で枠が狭まりつつあるのが男性で、
最悪なことに、海外労働者との影響もあって、
更に単価が下がりつつある。

女性のService(さーびす)精神

 男性の生真面目さも重要視されてきたが、
近年だと、『女性を含めた和みの職場』が、
増えている。

 また、そうした環境を維持する為に女性が、
管理職を得て、そうした職場を管理している
場合も多い。

 もともと日本文化は、女性が男性に対して
Serviceを提供すると言う意識が、強い国で、
男尊女非が指摘をされていたが、実の所は、
女性、子供を保護する文化体制が基本であり、
その為には、夫が命を張って、家庭の脅威と
なる者(物)と戦う立場にあった為に、その
『気休めを補助』する役割を妻が担うことが、
多かったようです。

 そして現在は、『夫婦共同』と言う観点で
家庭を支える場合が多く、相応の経済観点で
営まれるが、それと異なる『孤立的な思考で
展開する個人』が居る。

 私も、どちらかと言うと、個人活動が主と
なる形式の性格でして・・・w

 団体を形成しても、団体に対して起案等を
するのですが、活動などは、全て参加人員に
委ねてしまうのが殆どです・・・w

 それでも人間関係は、生じている状態にと
なっているので、相応の交流があるのですが、
それすらも拒むような、『孤立』が生じてる
状況にも有るようです。

無差別殺人の特徴

 実は、戦後に映画などでも、課題として、
取り上げられている現象であって、最近にと
発生している現象でわ無い。

 映画では、『息子よ』などの作品があって、
その他にも、色々な映画作品で無差別殺人に
纏わる世間的な現象などが作品がされている。

 つまり、既に無差別殺人を発生させやすい
生活環境などのProfile(ぷろふぁいる)が、
出来上がっており、それらを予めに公開等を
することで、防止ができるのかとも想われる。

 また、経済的な観点で発生する事件などと
言えない事が多く、個人の思想における価値
観点を原因として発生をする事が多い。

 よって、『経済の困窮』は、基本的に次の
段階に有るのかと想われる。

『ふりーたー』が居るからこそ、現代の日本経済が成り立っている!

 日本国の軽蔑的Labeling(らべりんぐ)に
よって、『ふりーたー』などが軽蔑されてる
状況に有るが、私の観点だと月額で13万円
以上の収入が有る独身者であれば、別に軽蔑
されるに値しない。

 先に記した女性による世間での営利活動に
おける分野での発展で、『ぱーと』と言った
分野があったが、それを男女年齢を問わずに
開放した状態で提供をされる労働環境にて、
自由に労働するのが『ふりーたー』の労働的
環境となる。

 また憲法などでも、職業選択の自由があり、
軽犯罪法で言う『物乞い』をする訳で無いと
言う限りでは、別に世間的に軽蔑をされるに
値をしない。

 そもそも私は、16歳で月額3万円程度、
18歳で約18万円をArbeit(あるばいと)
で、収入として得ていた。

 20歳頃の時には、月額で13万円程度で
定時制の高校に通う学費なども捻出していた。

 30歳の時には、30万程度の月額収入が、
あって派遣社員などにて短期収入を得ていた。

 ・・・どこが補助を必要としてるのか?

( -ノω-)こっそり♪<単価の低い労働には、参加しなかったのが本音ですけどね・・・w

(∇〃) .。o(長期的な就労でも有りませんでしたけどね♪)

 現在では、色々仕事に纏わる無料の情報誌
などが都心だと出回っている事から、相応に
職に有りつけるのかとも想われるのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<おそらく地方から出てくる人は、高額収入には、躊躇するのかも?

(∇〃) .。o(例えば、Suit(すーつ)を持って居ないのは、男女共に時給に500円差だ出る!)

Suitの効果!

 記事を、ここまで記載して気付きましたが、
Suit(すーつ)での仕事の場合、単価が高いと
言う事が解っています!

( -ノω-)こっそり♪<不思議ですよね・・・w

(∇〃) .。o(逆にSuitを着ない仕事で、時給1000円以下って少ないかも♪)

 逆に作業着だと時給1000円以下の仕事が
殆どなのかと想われます。

 ここで、若者(男女を意味するが、『愚か者』を
含まない)達に一つ注意です!

 Suitは、入手をして下さい♪

(∇〃) .。o(そぉ~言えば、自分もSizeが合わなくなったようなぁ~♪)

※尚、ここで言う『愚か者』とは、不当、不法行為で利益を得ようとする人達です。

結論

 『ふりーたー』の何が悪いの?

 低収入と言う半面で、そう言う人達に経済を支えて
貰わないと成り立たないのが現状で、その恩恵にある
と言うのが、現行の国会である。

 つまり政治献金にしても、企業による利益などにて、
成り立っているのであって、そうした利益が本来だと、
労働者に還元される必要の有る部分を、労働者などが
「富を得過ぎてしまうと、Control(こんとろーる)が
できなくなる」との観点から、虚勢の如くに制限して
いるのが、現行与党の体制などのかと想われます。

 但し、支持者に対して、自由解放的にしている。

 つまり帝王学や、支配論の観点で言う『民と支配者』
と言う仕掛けがって、それによって民を奴隷化してる
とも言えるのかもしれません。

 しかし、雇用における契約は、労働者と雇用主との
契約であって、それによって成立するので有るから、
その観点を把握しえるのかとの問題では、国民による
知性度に委ねられることになる。

 よって、『愚かな国民』は、結果的に巧妙に支配を
されてしまうのである・・・w

 また、性格的な盲点を突いているのが、賭博行為で、
それに引っかかる人間の性(さが)も、営利に利用を
されてしまい、それを国が法規で規制をしている。

 はずでしたが・・・w

 『競馬、宝くじ』に関しては、例外のようです・・・w

 一時期は、国営CASINO(かじの)論争もありました♪

( -ノω-)こっそり♪<東京都でも話題になりましたね♪

(∇〃) .。o(現行の都知事も、今だと忘れているかもしれませんが♪)

 まず、『ふりーたー』との分野を日本国憲法に習い
軽蔑しないことが大前提になる。

日本国 憲法
第十四条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、
性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は
社会的関係において、差別されない。

 そして、同憲法に定めの有る職業選択の自由によって
労働場所を転々と変える行為などは、違憲的で無く偏見
されるに値しない。

日本国 憲法
第二十二条

 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び
職業選択の自由を有する。

 但し! 職を得ようと積極的に活動をしない場合には、
次の憲法条文から違憲的で有るとも言える!

日本国 憲法
第二十七条

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 なお、こうした憲法が有りながら、国家にて、
違憲的な活動や、民自信が、それを厳守できない
と言うならば、次のような条文も憲法にある

日本国 憲法
第二十二条
二項

何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

 好い国を探そう、平成時代?

 それとも好い国にする為に、国家改善などにと
積極的に働きかける?

(‘O`)_♀あなたなぁ~らぁ~、どうするぅ~♪