記事一覧

刑事訴訟法に、不備が有る?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/7/15(木) 午後 0:57

事例

参照
日本国 刑事訴訟法

第四百二条
被告人が控訴をし、又は被告人のため控訴をした事件については、
原判決の刑より重い刑を言い渡すことはできない。

新たなる事実が生じた場合は?

 刑事訴訟法・第402条の解釈は、「被告人が積極的に
控訴を行えるように配慮された法律」だとされている(?)。

例えば・・・

1.検察の求刑が懲役10年
2.被告側の主張が5年以下

3.第一審の判決が懲役7年

第一審の判決に対しして・・・

4.被告は、民事訴訟法・402条に基づき控訴
5.検察は、第一審の求刑に基づき控訴

 さて、この場合には、民事訴訟法・第402条の適用は、
どうなるのか?

実は・・・

 WebServer構築の合間(気分転換)に、法務省へと確認を
行ってみたら、「第一審で、Aと言う刑罰が決まった場合、
検察側からの控訴が無い場合、刑事訴訟法・第402条の
適用がある」とのこと・・・(。-`ω-) ん~♪

 法務省、最高裁判所(広報)、東京地検(広報)へも
確認を行い、東京地検から『法てらす』への紹介を受け、
『法テラス』から東京弁護士会への紹介を受けたのだが、
東京弁護士会では、「法律の条文に関しての解釈などを
受ける部署が無い」とのこと・・・○| ̄|_ だめっぽ♪

 一番怪しい返答だったのが法務省(刑事局)、次いで
東京地検(広報)である。

 何が怪しいのかと言うと、東京地検で「『法てらす』に
問合せることを紹介されたが、『法てらす』では、条文の
解釈を説明するなどを行って無い」、『法てらす』でも
怪しく、弁護士会を勧めておきながら、弁護士会でも法の
条文に関する解釈などを説明するような事を行ってない。

 つまり東京地検、『法てらす』は、誤ったGuideをする。

 しかし『法てらす』に限っては、もともと役に立って
無いことは、設置当初から知っていたが、『法てらす』の
ような物を造って欲しいとReportを作成した事があるのも
事実だったりする・・・ようなぁ~♪

 さて、法務省ですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<なぜか条文に無い文面が彼らに見えてるらしく・・・w

(∇〃) .。o(とある大学を卒業した人に、多く生じる現象なのだがぁ~♪) 

 しかも誤った解釈で、どうどうと説明をされる事が
あるので注意をされたい!

・・・(。#`ω´) こんにゃろめぇ~♪

 私の知る限り、「法や規則に定めの無い場合には、
その判断を裁判官の裁量に委ねられ、その職権をも
有しているのが、裁判官である」っと言う観点が、
個人的に有る。

 が・・・。

 (使えない)法学部の卒業生どもは、平然と学説を
実務で説明したり、それが正しい相手に過信させると
言うような語調で説明をする輩が多い。

( -ノω-)こっそり♪<その点で私から本気で怒られている司法公務員は、裁判官を含めて多い・・・とほほ

(∇〃) .。o(私は、法学部を卒業したり司法試験を有してないので、基本的に『侮辱された』と想っている!)

結語

 私も、民間企業で似たような経験が有るのですが、
本人的に一生懸命ですが、例えば「手で田植えをする
人と、田植え機を使って仕事をするのとで、どちらが
効率が良いのか?」っと言う観点に成る。

 「手で植えてる方が、味がよい♪」ってことなら、
手で植える農家が多いのかと想われるが、実際には、
田植え機を使うのが殆どであって、手で植えている
っと言う場合だと相応の事情が無い限り、周囲から
変人扱いされるのかと想われます。

 さて司法の公務員ですが・・・www

 三権分立(権力分離)を主張する司法公務員も、
多いのですが、私の知る限り、そんな憲法や法律が
無い!

 憲法では、法の下に平等であり、「学説の下に
平等だと記載が無い!

( -ノω-)こっそり♪<つまり法学部生たちは、教授に洗脳されているわけでして・・・www

(∇〃) .。o(似非宗教や暴力団よりも、たちが悪い!)

 つまり学説的観点であって、卓上の理想論でしか
無いのであって、実際に裁判所が国民個々の利益を
守ったことは、語句稀である。

 特に厚生労働省が絡んでいる事件では、最悪!

参照
日本国 憲法
第十四条
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、
社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係に
おいて、差別されない。

 しかし国民も国民側で、「団結しよう!」等と
団体を組んでおきながら成果も無く、個人による
活動よりも成果が低い事も有る。

 集団で、Demoなど周囲に迷惑を生じさせるとの
行為を生じさせても、請願書一通すら公的機関に
提出を行わないとされる、団体が多過ぎる!

 挙句の果てに「日本は、私が変えます!」等と
選挙で主張していた者が当選後に不正行為などで
話題に取り上げられる事も多く、「確かに日本が、
悪く変わった!」っと言う状態に成っているのも
事実である。

 私的には・・・

日本を変えたきゃ、日本人である自身が変われ!

 っである・・・(。#`ω´) こんにゃろめぇ~♪

 しかし・・・とほほ

 Don Quixoteごっこも止めたいのですが・・・とほほ

 あんなところに、『環境配慮の為にある風力発電
風車』があるけども、あれの発電量より遥かに設置
費が高いらしく、元が取れないらしい!

 なんて・・・戦いを挑むのも有りなのかと♪

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪