前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

2 WebServerの予備機
2010/3/14(日)22:35 - よろちゃん - 120 hit(s) - ResMail


= 本体 =

Thinkpad 240 Type 2609-31J

CPU   366Mhz
Memory 128M
HD    6G

OS GROB
1.Ubuntu 9.10 Server 800M
2.PuppyLinux        500M
3.EcoLinux light 1500M
4.EcoLinux LTS版     1500M
5.EcoLinux        1500M


・有線 LAN Card
・無線 LAN Card

= 補足 =

1.
 Installには、HDをPCから外して、他のDeskTopのPCに
変換Connectorを使って接続をして、Installをしました。

2.
 現在稼動をしているWebServerの予備機を兼ねている
Note型PCですが、各種のLinuxがInstallをされおり、
主にDemonstrationとして使われるPCなのですが、
その余白を使って、WebServerの予備機としました。

 但し予備としては、『 Ubuntu 9.10 Server版 』を
導入しており、Desktopと異なる物を入れています。

 つまりは、『 緊急時の代替Server 』として使う
予定に成っていますが、普段は、Linuxの宣伝用にと
使う予定です。

= DualBoot =

 ちなみに今回の複数LinuxをInstallする為には、
相性などの関係からInstallの順番があり、5から
逆の順番でInstallをしています。

 また、HDの要領も末尾から順にInstallを行って
おりまして、先頭からの全ての余白を割り当てて、
Ubuntu 9.10 Server版をInstallしています。


= 注意点 =


 HDの割り当てに『基礎』と『論理』が有りますが、
『基礎』の割り当てが4つまでと制限をされている。

 今回は、5つのOSを入れつつ更にSwap用の要領を
確保する必要があるので、最低でも6の枠が必要に
成ります。


 そこで、全てを『論理』で造って行き、最後に
Ubuntu 9.10 Server版 のInstallを行い、GROB
(BootLoader)によって自動的に他の各種OSを読み
込み、Boot(起動の)項目として認識をされました。


 更に私の場合だとInstallの時には、HDの末尾から
SWAPを確保して次にOSを順次にInstallを行っており、
初めから6つの枠を造るのでなく、Installの時に、
必要な分だけを、その都度に区切って造りました。

 つまりOSの要領以前に、まず、SWAPの領域を作り
(200Mぐらい)、その次に一つのOS分と成る
枠を造ってInstallを行っています。


〔ツリー構成〕

【2】 WebServerの予備機 2010/3/14(日)22:35 よろちゃん (1819)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.