前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

258 構図
2011/8/7(日)00:26 - 万屋 - 352 hit(s)


= 構図 =

△ADSL TA
|
▽Broad Band Router
|
・ PC1 Note = ◆
|  → : Server Edition
|     + WebServer Primary(A)
|
|
・ PC2 Desktop
|  → : Data @ (B)
|
|
・ PC3 Desktop = ◆
|  → : Data A (C)
|
|
・ PC4 Desktop
|  → ; Server Edition
|     + FileServer B (D)
|
|
◇ PC9 Note
|  → : Server Edition
|     + WebServer 実験用 (E)
▲


=== 未接続の機体 ===

*PC0 Note (学習用) = ◆
| → : LinuxOSを5種混合
△ 


× PC5 Desktop (Simulation専用機)
△


* PC6 (PC4で、HDDを入替える)
|  → : Server Edition
|     + WebServer Secondary (F)
△


* PC7 (PC4で、HDDを入替える)
|  → : Server Edition
|     + WebServer 実験用 (G)
△


* PC8 Desktop (CPU 1.7G、Memory128、256、500)
|  → : Server Edition
|     + WebServer 実験用 (H)
△


=== 記号、番号に付いて ===

PC0 Note   Linux学習用

PC1 Note   WebServer
PC2 Desktop 作業用
PC3 Desktop 保守用 (作業補助を兼ねる)
PC4 Desktop FileServer (HDDの脱着可能)

PC5 Desktop Simulation用

PC6 Desktop WebServerのBackup (PC4のHDDのみを交換)
PC7 Desktop WebServerの実験用 (PC4のHDDのみを交換)

PC8 Desktop WebServerのSecond Backup機 (PC1との接続交換:機体交換)

PC9 Note   無線LANにおけるWebServer運用の実験機 (予備機体を兼ねる)


>補足

PC0、PC1、PC9は、同系統の機種。


==== 記号の意味 ====

>『:』
 実装HDD


>『;』
 HDDの脱着により、OSの変更が可能


>『*』
 HDDの脱着が可能


>『◇』
 無線LANでの接続


>『◆』
 無線LANでの接続も可能


===== Backupの構成 =====

>System Data@のBackupA〜B

 @のData_Backupとして、A〜Bが有る。


>WebServer Data(A)のBackup(B)〜(H)

 (A)のData Backupとして、(B)〜(H)が有る。


〔ツリー構成〕

【257】 第十期 通信回線の変更に伴う、再構築 2011/8/6(土)22:47 万屋 (554)
┣【258】 構図 2011/8/7(日)00:26 万屋 (1810)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.