前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

275 MirrorServerの設置
2011/11/28(月)13:27 - 万屋 - 2815 hit(s)


= 趣旨 =

 WebServerのResponseを向上させる為に、
Mirror Serverを構築した。


=== 構築内容 ===

 仮想Serverを用いてMirrorとする。


(1)仮想で、WebServer、Networkを構築


        0.0.0.2(0.0.0.1:仮想A)
PC1 0.0.0.1 <
↓       0.0.0.3(0.0.0.1:仮想B)
Backup


★
 物理的にPC1が破損した場合は、全ての
Service(Server)機能が停止する。

--- 旧形式だと?

 昔は、一台のPCに一つのOSだけ稼動する。


(2)旧形式

PC1 0.0.0.1 
    ↑
   同 期 (→ Backup)
    ↓
PC2 0.0.0.2 

 上記の場合は、 同期されるPCの双方が
Backupと成るが、別枠で正規Backupとして
確保していることが多い。

 PCに同期の負担が強いられる点が問題視
されていた。


--- 近代的な高度設定

 しかし、近年だとPCの機能向上に伴って
一台のPCでも複数のPCを稼動させているに
等しい環境を造る事が可能になり、上記の
二種を合わせた高度なServiceを提供する。

 その仮想との部分では、物理的に余裕の
ある機能を、Soft(論理)的に構築しつつ、
物理資源の共有化を行うことで実現してる。


(3)近代的で高度な環境


             0.0.0.2(0.0.0.1:仮想A)
   仮想PC1 0.0.0.1 <
             0.0.0.3(0.0.0.1:仮想B)
       ↑
PC0     同  期 ⇒ Backup
        ↓
             0.0.0.6(0.0.0.6:仮想A)
   仮想PC2 0.0.0.5 <
             0.0.0.7(0.0.0.5:仮想B)


 上記の図では、PC0の中に仮想PCを二つ、
そして仮想PCの中に、仮想Networkが構築を
され、Addressごとに何だかのServerを設置
することが可能。

 
===== 私が構築した環境 =====

 私の場合には、(1)の形式で構築した。


== 結語 ==

 今回は、Security関係を主としたLANの
再構築を行っている。

 その序でとして、Mirror Serverの設置
などを検討したが、(3)のような高度と
なるServer環境を必要としておらず、その
基礎として(1)の構築方法を把握すれば
(3)の応用も可能と判断している。

 また今回の構築では、Responseの向上と
言う程度の課題である。


 私が使用をしている骨董的なPCでも、
小規模Network(中小企業、SOHO:個人の
事業など)なら、十分に品質の高いServer
(Service)機能を発揮する。


 私的には、公的機関で、一部署、または、
学校などでもLinuxの導入が可能なのかと
判断しており、それの促進案を発する為の
個人的な研究(実験)である。



==== 今と昔 ====

 昔と比べると、近年の製品は、何でもが
高機能であるが、その機能を持余している
ように感じられる。

 それは、人体でも等しいのかと想われる。


〔ツリー構成〕

【268】 第十ニ期 LANの再構築 2011/11/21(月)01:31 万屋 (1309)
┣【269】 色々な問題 2011/11/21(月)01:33 万屋 (92)
┣【272】 Routerの使用に付いて 2011/11/27(日)05:23 万屋 (2250)
┣【281】 LAN の USB Socket が Down する! 2011/12/2(金)13:20 万屋 (1109)
┣【287】 OS(Ubuntu Server)の Install における問題 2011/12/31(土)10:43 万屋 (159)
┣【288】 『 apt-get 』が使えない! 2011/12/31(土)10:45 万屋 (1029)
┣【289】 『 Ftpd 』DのInstallが行えない!? 2011/12/31(土)10:50 万屋 (536)
┣【290】 Mini.iso ( Network Install で使われる iso) でわなく・・・ 2011/12/31(土)11:10 万屋 (1030)
┣【291】 総合的な結論 2011/12/31(土)11:12 万屋 (1777)
┣【293】 Network Cracker の 対策 2012/1/12(木)01:25 万屋 (1205)
┣【294】 Port や IP に 付いて・・・ 2012/1/12(木)01:39 万屋 (821)
┣【295】 Web Server(Apache)の各種Logに付いて 2012/1/13(金)11:03 万屋 (734)
┣【300】 Cracker(くらっかー)による攻撃 その1 2012/2/2(木)11:13 万屋 (2666)
┣【301】 re:Cracker(くらっかー)による攻撃 その2 2012/2/2(木)11:26 万屋 (816)
┣【302】 maxlifetime に 付いて 2012/2/3(金)09:13 万屋 (68)
┣【273】 副課題 2011/11/27(日)05:30 万屋 (246)
┣【274】 FireWallの構築 > ufw の利用 2011/11/27(日)15:47 万屋 (1260)
┣【280】 Portに付いて 2011/12/1(木)11:59 万屋 (860)
┣【296】 Port 443 への Access ? 2012/1/15(日)13:53 万屋 (466)
┣【306】 iptables の利用 2012/3/9(金)05:15 万屋 (145)
┣【307】 設定に付いて 2012/3/9(金)05:24 万屋 (679)
┣【308】 Webmin での設定項目 2012/3/9(金)05:32 万屋 (165)
┣【275】 MirrorServerの設置 2011/11/28(月)13:27 万屋 (2332)
┣【276】 ProxyServerの設置を検討 > Squide 2011/11/28(月)22:14 万屋 (400)
┣【277】 ReverseProxyの設定を検討 2011/11/29(火)00:29 万屋 (642)
┣【292】 古い kernel (かーねる)の削除 2011/12/31(土)11:36 万屋 (1113)
┣【297】 System上の整備 2012/2/2(木)09:38 万屋 (69)
┣【298】 不要に成ったPackage(ぱっけーじ)を削除 2012/2/2(木)09:58 万屋 (984)
┣【299】 補足 2012/2/2(木)10:03 万屋 (277)
┣【303】 おまけ 2012/2/23(木)19:53 万屋 (73)
┣【304】 Dual Boot の画面における、優先起動の設定変更 2012/2/23(木)20:12 万屋 (814)
┣【305】 訂正 2012/2/25(土)01:03 万屋 (383)
┣【309】 臨時 Versionup 2012/3/23(金)18:01 万屋 (84)
┣【310】 OS の 切り替え (長期支援型 →短期支援型) 2012/3/23(金)18:22 万屋 (972)
┣【312】 Webserver も、自動的に Versionup 2012/3/23(金)20:08 万屋 (262)
┣【315】 更なる、VersionUP ( 11.10 → 12.04 Beta1 ) 2012/4/30(月)13:21 万屋 (94)
┣【316】 今期最終の、VersionUP ( 12.04 Beta1 → 12.04 LST ) 2012/4/30(月)13:25 万屋 (155)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.