前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

40 Ubuntu Server Edition での WebServer運用 : Secondary Server
2010/4/28(水)01:42 - よろちゃん - 711 hit(s) - ResMail


= 趣旨 =

 Xubuntuでの運用が不可能だと想って
いた時に、その代替として、Ubuntu
Server Editionでの運用を検討した。

 当初は、詳細の設定をCUI形式により
行うことが苦痛に成るのかとの覚悟が
あったのですが、『 Webmin 』との
存在を前から知っていたので、それを
起用することにした。


 その想定は、LAN内にある他PCから
Browserを通してPCに詳細設定を行う
との試みに成ります。


 実用性の観点からは、Xubuntuでの
WebServerにおける予備機(Backup)
として設置を行います。

 さらにRescue運用として、Note型の
PCにも導入を行い、そちらでの中長期
運用も検討します。

参照 Wikiepdia
Ubuntu(:Server Edition)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ubuntu


= 設定 =

 然程に細かい設定をする必要が無い
のですが、Webminを使ってNetworkや、
WebServerの設定を行います。


= めちゃくちゃ快適! =

 Desktopのような『GUI』を使う
ことが無いので、PCの余力が増量!

 Boincを導入して解析力を上げても
良いのかと想っています♪


= 導入を予定されるPC =

IBM
Desktop
CPU   600Mhz
Memory  500M
HDD   20G


既にLAMPでの構築が完了


IBM 
Note
TinkPad 240
CPU   400Mhz
Memory  198M
HDD   6G


 HDDを別のDesktopに付けて
Installを行います。

= まだ構築途中ですが・・・ =

 徐々に、進展を記載する予定です♪


□_ヾ(・ ̄ )  かた♪かた♪



〔ツリー構成〕

【40】 Ubuntu Server Edition での WebServer運用 : Secondary Server 2010/4/28(水)01:42 よろちゃん (1225)
┣【46】 Primary WebServer 2010/4/28(水)21:58 よろちゃん (196)
┣【51】 Secondary WebServer 2010/4/29(木)02:23 よろちゃん (1024)
┣【58】 仮想Serverでの運用構築 設計図 2010/4/29(木)18:48 よろちゃん (1299)
┣【52】 OSのInstallに関する注意点 2010/4/29(木)03:13 よろちゃん (206)
┣【57】 Installの順番 2010/4/29(木)18:12 よろちゃん (489)
┣【68】 補足 1 > Postfixに付きまして 2010/4/30(金)14:32 よろちゃん (212)
┣【70】 英語版でのInstallに付きまして 2010/5/1(土)08:42 よろちゃん (2383)
┣【53】 WeminのInstall 2010/4/29(木)05:02 よろちゃん (2174)
┣【65】 Security関係の設定 2010/4/30(金)06:11 よろちゃん (966)
┣【54】 Postfix の Install 2010/4/29(木)05:27 よろちゃん (947)
┣【56】 補足 1 > Installの完了後に、OSの再起動が必要です! 2010/4/29(木)05:47 よろちゃん (121)
┣【59】 CGIからのSndmailが使えない! 2010/4/29(木)20:41 よろちゃん (351)
┣【79】 Postfixの再Installに付きまして 2010/5/2(日)01:34 よろちゃん (1053)
┣【81】 Sendmailの削除に付きまして 2010/5/2(日)02:19 よろちゃん (440)
┣【55】 Ftp の Install 2010/4/29(木)05:45 よろちゃん (828)
┣【62】 RescuePCの構築 2010/4/29(木)22:20 よろちゃん (1159)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.