前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

58 仮想Serverでの運用構築 設計図
2010/4/29(木)18:48 - よろちゃん - 585 hit(s) - ResMail


= 趣旨 =

 SecondaryのPCは、WebServerのIPと異なるので
Network Interfaceを仮想構築して、WebServerも
仮想構築した構造に成っています。


 つまり普段は、別のPCとして認識されますが、
PrimaryServerを停止する場合には、WebServerの
IPを引き継ぐ必要があることから、仮想化により
PrimaryのNetwork設定を引き継ぐようにしました。

 通常は、別のPCとして利用をするので、HDDを
交換する形式でOSを入れ替えます。


 そもそもRouter側で、WebServer用のLANPortを
固定(指定)しており、緊急時には、指定外での
PCが担う事に成るが、その時にIP設定をするも
面倒なので、IPの指定が無いPortからでも、Web
ServerのIPをPC側で仮想構築しつつ固定して、
認識させるようにしました。

 その構築環境により、LANのPort交換、Routerの
再設定を行わずに、HDDだけの交換で運用が行え、
Primaryの保守、停止、整備が同時に行える環境が
整います。

 しかし、その時にPrimary側のNetworkをWebminで
『稼動の停止』をする必要がり、それを行わないと
LAN内にWebServerのIPが二重化することに成ります。


= 構成 =

△ Router
|(固定IP)
+PC1 → Primary  PC → WebServer1
|     
+PC2 → File Server (Data Backup2)
| ↓(←HDDの交換)
| + Secondary PC → WebServer2(仮想構築)
|
+PC3 → 作業補助
| |(←常時の同期形式)
| + Data Backup2
|
|
+PC4 → 作業用
| |(←常時の同期形式)
| + Data Backup3
|
△



〔ツリー構成〕

【40】 Ubuntu Server Edition での WebServer運用 : Secondary Server 2010/4/28(水)01:42 よろちゃん (1225)
┣【46】 Primary WebServer 2010/4/28(水)21:58 よろちゃん (196)
┣【51】 Secondary WebServer 2010/4/29(木)02:23 よろちゃん (1024)
┣【58】 仮想Serverでの運用構築 設計図 2010/4/29(木)18:48 よろちゃん (1299)
┣【52】 OSのInstallに関する注意点 2010/4/29(木)03:13 よろちゃん (206)
┣【57】 Installの順番 2010/4/29(木)18:12 よろちゃん (489)
┣【68】 補足 1 > Postfixに付きまして 2010/4/30(金)14:32 よろちゃん (212)
┣【70】 英語版でのInstallに付きまして 2010/5/1(土)08:42 よろちゃん (2383)
┣【53】 WeminのInstall 2010/4/29(木)05:02 よろちゃん (2174)
┣【65】 Security関係の設定 2010/4/30(金)06:11 よろちゃん (966)
┣【54】 Postfix の Install 2010/4/29(木)05:27 よろちゃん (947)
┣【56】 補足 1 > Installの完了後に、OSの再起動が必要です! 2010/4/29(木)05:47 よろちゃん (121)
┣【59】 CGIからのSndmailが使えない! 2010/4/29(木)20:41 よろちゃん (351)
┣【79】 Postfixの再Installに付きまして 2010/5/2(日)01:34 よろちゃん (1053)
┣【81】 Sendmailの削除に付きまして 2010/5/2(日)02:19 よろちゃん (440)
┣【55】 Ftp の Install 2010/4/29(木)05:45 よろちゃん (828)
┣【62】 RescuePCの構築 2010/4/29(木)22:20 よろちゃん (1159)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.