Top / 事業本部 / 業務戦略

論理

  • 制約条件の理論

業務

  • 日常の定例業務 - Routine Work--Subroutine

業務過程

  • Work Flow System
  • Business Process Management( B P M )
  • Business Process Re-engineering( B P R )

品質の管理(QC:Quality Control)

QC の七つ道具

  1. Pareto(パレート) Chart (チャート)(パレート図)
  2. 特性要因図 - Cause And Effect Diagram - 俗称・Fishbone Diagram
    • 問題の特定を追求する事にも使える。
  3. Graph (グラフ)(管理図を含む)
  4. Check(チェック) Sheet(シート)
  5. Histogram (ヒストグラム)
  6. 散布図
  7. 層別

PDCA Cycle

Plan
計画
Do
実行
Act
改善
Check
評価

資料の作成など

  • 工程の管理表
    • Gantt chart
  • 流れ図
    • Flow Chart
      • 目的の進行に必要とされる要因の分析(解析)図
    • Arrow Chart - 医療や福祉などで多く使われている。
      • 目標を達成する為の各工程を、時間的要素で時系列に表しつつ、産物の品質を維持しながら、最短(無駄を省き、省略を検討したり、過剰に要した部分の再調整を検討する等)を求める図
      • Critical(クリティカル) Path (パス) Method(メソット)

Modeling

  • DFD( Data Flow Diagram )
    • 実態関連図( Entity-relationship Model:ER 図 )
  • 統一 Modeling 言語( Unified Modeling Language:UML)
    • Class 図
    • 複合構造図
    • Component 図
  • 配置図
  • Work flow

振る舞い図

  • Activity 図
  • Use Case図

会議の方法

  • 統合的構造化発明思考法( Unified Structured Inventive Thinking:USIT)

Meeting

  • Workshop
  • Brainstorming
    • KJ 法
    • 概念地図
    • Mind Map

評論など(Review)

 成果物に対する評論を意味する。

従来型(Peer Review:ピュア・レビュー:査読)

  • [目的]
    1. 状況把握と関係者への周知
    2. 設定された条件と、それに伴う方策の検討
    3. 評価
  • [進め方] - 会議型

Walk-Through(ウォーク・スルー)

  • [目的] - 問題点の発見に焦点を置く
  • [特徴] - 従来型の改良版で、成果物の製作者が主導

Inspection(インスペクション)

  • Walk - Through の改良版
  • [特徴] - Moderator(もでれーたー:主催者、兼進行役)により行われるが、成果物の製作者、管理者を除く、第三者を起用する事が勧められ、品質保証など

Design Review(デザイン・レビュー)

  • [特徴] - ISO 9001(JIS Q 9001)にて定義されており、設定された目標を達成するための検討対象の『 (A)適切性、(B)妥当性、(C)および有効性 』を判定するために行われる。

円卓会議

  • Round Robin - 参加者全員が、入れ替りで分担したReview(れびゅー:評論)責任者を勤める。

仮説を用いた説明など

  • 帰納
  • 演繹(えんえき)

指揮、命令、伝達など

上位者から下位者

  • 上意下達(じょういかたつ)
    • [別称] - Top Down

下位者から上位者

  • 諌言秩序(かんげんちつじょ)
    • [万屋の造語] - 「世間的な地位として下位者が上位者に対して規律を正すように申出を行い、秩序を護る」ことを意味するが、その基本原理が『憲法、法の秩序』と成るので、下位者が憲法、法律、規律に疎いと成り立たない。
      • [注意] - 下位者から『個人の道徳心や宗教、政治などの思想などに基づく申出』は、万屋的に諌言秩序と判断をしておらず、『憲法、法律、規律などに鑑みる形式だけ』を意味する。

状況判断

SWOT

内部Strongth
強み
Weakness
弱み
外部Opportunity
機会
Threat
脅威

論述

三段論法

各種の論法

第一段第二段第三段
序論本論結論
導入部展開終結
提示論性判断
現象拝啓分析
大前提小前提結論

情報伝達における戦略

 情報の提供、交流、の技能を重視する時代を迎え、それに伴う行政機関への業務改善を促す作戦である。

  • 語句
    • 情報の提供、交流、の技能 - ICT(Information Communication Technology)
      • 情報の扱い能力 - Information Technology

戦略論と作戦

人体医学の構造に例えた各作戦

  • 食細胞作戦
    • 人体的な医学上において、各種の食細胞が有り、それの効果を模した経済活動を意味する。
      • なお捕食などの習性に付いては、論理、倫理の再教育、または、排除(正当的防衛)に置き換える。
  • Macrophage(マクロファージ)
  • T 細胞
    • T細胞のような効果を目的とする活動。
  • 神経細胞作戦

経営(管理)の学習

 近年では、営業の戦略に軍事的な戦略論を流用する事も有り、それらへの知識が必要とされる。

人物

閲覧者数 総計:814 今日:1 昨日:0

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:38:31 (369d)