Top / 事業部 / 万屋の球

球の精神 - 万屋の事業的な方針 - 三次元の観点

 一次元、二次元、三次元の観点で、物事を考える。

一次元 - 文字(点、線)

 論理を創り出す段階。

点と点が融合する事で、線を形成。

 人と人の繋がり、人間は、人と人の

文字

 共通の解釈が行える方法。

 後に、論理(文字、文章)の作成にも至る。

二次元 - 平面図

 図柄で表現を行い、一次元よりも効率が良く、物を伝えられる。

図柄で表現する

 作成を行う技能が、求められる。

わ(和)、円、縁

 Public Freemasonry では、主に『 Circle(サークル)Club(クラブ) 』等が、語句的に用いられていると、判断。

 本邦の文化では、『同好会、倶楽部』等が、該当する。

三次元 - 立体(物体、容積が有る物)

 身の回りにおける詳細な解析よりも、逆に宇宙的な規模で想う事で、単純化が行える。

 色彩、音も含まれる。

 地球は、人類や、多くの生物が生存する、球体的な惑星。

 他の天体(惑星)も、球体的に存在する。

太陽系
 太陽を中心に、他の関連する惑星が、円を描くように公転Wikipedia)を行い、自転Wikipedia)も行っている。
解説
 前出の『一次元、二次元』と、三次元を想いつつ、地を想えば、その構成的な事情(科学)が有って、僕も存在する。
僕の考え
 実は、『』を考えていたが、「今時代には、『わ』だと、二次元(古典)的発想に想え、人類の歴史的な観点での文化的向上を想えば、『球』で物事を考える時代」と、判断。実際に、宇宙開拓も進んでいるが、「地球が存在する事(で、自らも存在する事)の理解を蔑ろにする事は、『他人を知っても、(おのれ)を知らない』等に、通ずる」のだから、『己の理解を行いつつ、他を理解する』と言う観点も、自然的発想で生じる。また、「人体は、小宇宙」とも言われるが、仮に「微生物にとって、1km平方は、『人が、広大な土地を思う程の世界に該当する』と、想える」のであり、「海中の微生物にとっての海は、まるで宇宙の如く」とも想える。つまり、「『わ』の精神における、後世代の観点が求められる」と、判断。よって、万屋は、「今時代的観点で(人類の過去から、更に未来へ)の理念」に、『 』を選ぶ事を、決定。なお、既に(10年ぐらい前から)若い世代では、GAME や SF の映画、物語を介する形式で、自然的に『 球の概要 』学んでいる傾向にも有る。
+  YouTube
補足
 実は、本邦でもScience Fiction( S F ) 等の小説(物語)において、星 新一(Wikipedia)殿、小松 左京(Wikipedia)殿が、活字(二次元)的に展開、後に後世代が、映画化や動画化を試みている。僕は、各作品の中で、小松 左京 殿の『 物体 O 』が、(中学生の頃から)興味深い作品の一つに成っている。なお、手塚 治虫(Wikipedia) 殿は、立体的映像の作成にも、関心を抱いていた事が、解っている(参照 フィルムはいきている:Wikipedia)。

特異点(Wikipedia

錯誤と、修正や改善

 人は、錯誤する事が、有り、それを修正、改善する性格を、有する人も、居る。

宗教や思想

 人類の規模では、『幸せの押売』とも解せる、似非な宗教、思想の集団による活動も、古来から活発。

 それらは、『自己優位性の観点から始まる事』も、有る。

事例
 「私が、人類を、救う」等。
宗教に限らない(つまり、思想を含む)
 自らの過信(自己的暗示)で、『私こそが、神に、選ばれた人』と、思い込む事で、生じる 『(A)暴力的な活動、(B)反社会的な活動』が、後を絶たない。また、思想でも、「自らの能力によって、人類が発展する」と、過信する者が、居る。
本邦の特徴
 「泥棒にも、神さまが、居る」と、言われる程。
一神教、過剰な自己中心的思想
 異種を受け入れない感覚で、自己の優位性を図る傾向に、有る。
悪魔、悪霊
 …と称する形式で、他人を差別する傾向に、有る。その工作には、「 Freemasonry の構成員も、含まれている可能性が、高い」と、僕の経世済民的な研究では、判断する。
自己優位性に伴う、思想
 『(弌)理解力が、低い』場合、精神的な病に陥って、『自虚(じぎゃく)か、他人を殺傷する』との事が、危険視される。逆に『(弐)理解力が、高い』場合、物事の仕組みを、操ろうと試みる傾向に、有り、「支配者と、それに従う者」と言う意識が、強く、「能力に欠ける人を、劣性者と、判断する」事で、差別、及び排除への心境に、繋がる傾向に、有る。主に、精神病質者に、見られる。
精神病質者ににおける、優性、劣性
 優性型は、一般人の平均より、自らの存在が、劣ると、思い込み、それによって生じる世間や親への反発感*1を、抱く性格が、起源と成っており、それへの理解を有する事で、緩和され、「主に、心情で、行動が、左右される」との特徴が、有る。
 劣性型は、「過度な自惚れから生じる」(自己的暗示を含む)と想われ、自らの優位性を、他者が認めない場合、敵(脅威)と認識され、攻撃(駆逐、排除)する心境に陥る『感情型』(感情型は、優性型と同等に、「他者との共存性を、理解する事」で、緩和される)と、物理的な観点から、劣等を機械的に排除する『物理型』に分けられ、主に『物理型』(人間的な感情の欠如が有り、悪行に、悪意が、無く、物理的な効率性で、機械的に行動する)が、脅威と成っている。
 つまり、「本節における『優性、劣性』の区別は、人間的心情の有無」で、分けられているが、「『優性型』の説明で、語句的に『劣等』が、多く使われている」ので、錯誤に、留意されたい。
(弌)理解力が低い
 (1)自らの存在をと考えるか、(2)その心情から逃れる為に、「世間が悪い」と、反発的な心境を抱き、世間(無差別)的な『攻撃』(殺傷)を行う性格が、発生する事も有って、(3)『(2)』の心境は、人工的に作られる事も有り、一般的に『 意識的操作( Mind Control )』(洗脳を、含む)と言う観点で、警戒されている。主に、優性型精神病質者を、意味する。
(弐)理解力が高い
 物事の追求心が、一般人よりも強く、それによって知り得た知識や技能を用いて、劣性者の排除を、試みる心境に、陥る事も有って、危険視される。主に、劣性型精神病質者の存在が、問題視される。
普通(一般人)
 『(弌)と(弐)』の心境は、適度に一般人でも生じているが、「(a)過剰な自己優位性を、抱かず、(b)譲歩する」との傾向にあり、適度に『(a)と(b)』の心境が、図られる傾向に、有る。

修復性

 僕の Pukiwiki でも、解る通り、「人には、可能な限り、修復を行いたい」と言う、性格を有する人が、居る。

 また、「逆に、修復を行わず、平然と先に進みつつ、後生(ごしょう)に、責任を負わせる」との観点を有する輩も居て、一般的な義務的教育でも知られている『公害の発生、無計画な人の生産(出産:明るい家庭的計画に、欠ける出産)』に、見られる。

補足
 日本の慰安婦問題(Wikipedia)は、僕の知る限り、だいぶ前から指摘されている事で、近年の課題では、無い。

GAME で、論理を、学ぶ

 僕が、警察官や、外の司法における人材へ、説明を行う時に、用いている決まり文句が、有る。

  • 参考
    • 力は、弱い所へと、逃げる(移行する)
    • 四則の演算と、経済

大富豪(Wikipedia

 この GAME から学べるのは、力の関係。

閲覧者数 総計:42 今日:1 昨日:0


*1 僕の経世済民的な研究における判断では、「思春期に、自分と、他者を、比較する事で生じる劣等感を、過剰に抱きつつ、反抗期を迎えた場合、『反社会的な意識』も、育ち易く成る」との可能性を、疑っている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-25 (月) 07:16:33 (289d)