Top / 事業部 / 情報の処理

事業方針

 『情報の適正化』と言う所に重点を置き、「情報を適切に流通させる、正規化」を司る。つまり、需要と供給の観点で需要率が多く、供給率が高ければ自然的に、希少な情報に価値観が生じる。それによって、不当、不法なる情報も、価値が生じる事も有り、それらを観察する等が、業務の内容に成る。

 違憲、不法な利益性の阻害を行い、合憲、合法な情報を、適切に流通させれば、経済性も向上する。また、それを維持する事で、経済性の安定が目論める。

 よって、『情報の適正化』を目論む事により、経済性の向上が見込まれるのだから、それに着手を行わない方が、異常である。

 なお、「人は、情報に踊らされる事が有る」ので、情報の波に溺れない為の自衛的な活動(護身術)の開拓も兼ねる。

業務内容

営利

著作文面の作成

非営利

情報の適正化

  • 違憲、違法、不当性の高い情報の告発


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:38:33 (404d)