Top / 平成20年度の日誌
  • 日誌
    一月二月三月./四月./五月./六月七月八月九月./十月十一月十二月

    2008/1/8 (火)

    平成20年度の日誌

    ==== 今回の写真 ====

    (∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

    隊員A「HIROを泣かした奴は、この俺が、こいつで・・・♪』 隊員B「ちょっと、待ったぁ〜!」

    (∇〃) .。o(っか、か・・・過剰防衛じゃないっすかねぇ〜、嬉しいけど♪)

    = 先日、当人尋問があったのだけど・・・ =

     裁判所の職権で、当人尋問が行われた。 当然に尋問をされるのは、私自身である。

     私は、法廷の中で自分の事を『私』とは、 言わないようにしている。

    {{[:

     理由わ簡単で、私事で論じてると流石に 怒りが込み上げてしまい、頭の中が真白に なってしまうのである。

     そこで法廷の中などでは、自分のことを 『原告は・・・』と言う形で表現をしてる。

    }}}

     しかし、尋問をされる時には、流石に 自分の事を、素で話さなければならず、 更に、その後の質疑にも応じなければ、 ならないのである。

     途中で、少し泣きそうになってしまったが 何とか、我慢をできた。

     涙を流すことを気にしているのでわはく、 質疑にならなくなってしまうことが一番の 気がかりであって、それらの現象が生じる ことなく、無事に尋問を終えた。

    = しかし・・・ =

     やはり部屋に戻って、それ迄のこと等を 色々と思い出してみると、泣いたのである。

    (´・ω・`) しょぼぉ〜ん

     強くなろうとは、基本的にわ想っていない。 だから勉強をしないのである。しかし自衛と 言う観点からは、防御方法を実技能力として 必要とするので学んだり訓練をしたりしてる。

    = 毎日、日記を記載できるほど・・・ =

     良い生活をしていない事だけわ確かである。

    2008/1/17 (木)

    平成20年度の日誌

    = 今日は、初めて被告人尋問をした・・・w =

     本当は、之といって問い詰める事などは、 避けたかったのですが、人わ追い詰めても 逃げるだけだし、逃げ場を失うと開き直る と言うのが一般的な行動である。

     今回は、『険悪状態でなく、尋問などを させて頂きます』と言う感じで行われた。

    === 部屋に帰ってくると・・・ ===

     東京商工会議所から、手紙が来ていた。

     YahooのVideocastでも有名になった私の 動画作品を記憶している人は、多いかとも 想われます。

     実は、その動画は、日本文化大学にて、 行われた『実務法務検定3級試験』の帰り 道での撮影でした。

     交通費を節約するのと、帰り道の散策を 兼ねて、歩いて帰ってきた時の動画です。

    == っで、手紙なんですけどね! ==

     その実務法務検定の試験結果だったのだ!

    (´・ω・`) しょぼぉ〜ん

     実は、二つの大いなる問題があった。

    1.全然に試験学習を行っていない。 2.試験当日に、身分証明書を忘れた。

    。・゚゚・(>ω<)・゚゚・。 ワァ〜ン

     試験得点70点・・・合格点は、70点以上!

    ( ̄ω ̄ ん? 合格♪

    ♪ルン o(^ω^o) (o^ω^o) (o^ω^)oルン♪

     ここ数年、あらゆる資格試験には、不合格で あったのですが、今回わ合格でした。

    (。-`ω-) ん〜♪

     試験に落ちても訴訟には、勝てるとの立証を 行いたかったが・・・。

     とれんど ぱたーん おぶじぇくと である。

    Σ(〃▽〃) あはぁ♪

    === 正直なところ ===

     私の実情生活の詳細を知る人は、少ないが、 もし言っている人なら解ると思う。

     やはり、裁判の後、そして検定の合格結果で、 泣いたのである・・・(´・ω・`) しょぼぉ〜ん

     裁判の殆どは、来月末までに判決が出る予定。

     裁判の方法も、途中から特攻に切り換えている こともあって、不安な所でもある。しかし、今の 自分には、他に手段が無い。

    = 今日は、少しだけ嬉しかった =

     でも、その半面で辛い想いの方が、重かった。

     私は、好きで法学を学んだわけでわないが、 自衛と、好戦的な私の性格には、少し好奇心を そそられる学問であった。

     それらの実践は、来月末で終了する。

     後に、Reportを作成し、当人訴訟においての 不具合を洗い出して、然るべく公的機関などに 提出して、改善を要請する予定である。

    === 忘れてた・・・わけじゃないけど ===

     去年、年の暮れに病院に内蔵機能の検査を、 受けに行っている。

     その結果は、01月07日以降ならいつでも、 聞きに行けるのだけど、裁判などで行けてない。

     ・・・少し、不安があるのも事実である。

     自分の身体が、思っていた以上に、心身共に 弱っている事が解ったのは、約3年前であって、 その時から更に最悪な生活環境と、なっていた。

     ・・・でも去年から好転しており、太った♪

    ・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

     もう少し経ってから検査結果を聞きに行く予定。

    2008/1/29 (火)

    平成20年度の日誌

    = 全面敗訴 =

     との結果だった。 提訴相手は、公共機関(市役所)。

    今の所、全面控訴を予定。

    ちなみに「死ね!」っと判決されたと 同じかとも想われる・・・w

     こう明るく、表現しておかないと、 正直言って、今の精神状況の維持が できない・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

    === 本当は・・・ ===

     自営業を新たに始めようかと思い、 その準備を色々としていたけども、

     だめっぽ  ○| ̄|_

    === 尚、本日に判決が出た内容に対し、次期の戦い方を・・・ ===

     真剣手段に切り替える。

     特攻では、玉砕・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

     気が弱い人なら、おそらく自殺を選ぶ。 不法的な活動を好む人なら、犯罪行為に 及ぶかと思う程の屈辱である。

     自分が生活できる環境として、やはり 日本以外でも、その場として捜し求める 必要がありそうです。

    {{{

     NEETや犯罪意識が強かったり日本国での 生活がなじまないと、想うようであれば、 海外での生活も検討する選択肢が、平然と あって良いのかと想われる。

    }}}

     その能力が無い人間は、『自殺しろ!」 もしくは、恥らしく生きろ!、負け犬!、 と言う結果を得る国家環境が日本国である。

     まぁ〜戦争に負けましたからね・・・w

     賢ければ戦争をしなくても高度な文化を 得るだろうかと想う。

     但し、それを相応の自衛と和平戦略を 必要とし、現行の軍事戦略以上の効力などが 求められている。

    === 結婚している人を・・・ ===

     客観的には、良いなぁ〜っと想うけども、 直接的には、邪魔か、嫌味な奴などであり、 別段に、直接の感覚で相手の結婚を良くは、 想わない。

     私が、祝福できるような婚姻者であれば、 それ相応だけど、そう思えないような人達は、 ただ邪魔で、不愉快な存在なだけである。

     しかし、相手は、そうでもしないと自身の 幸せを感じないようである・・・w

     相手の婚姻状況を不快に感じる場合には、 『羨ましいとか、あてつけがましい』とか 言うよりも、少なくとも私を不愉快にさせる 存在であるに過ぎない。

     結論的には、「ああは、なりたくない…」 っと思いつつ、「まだ1人の方がましである」 と確信するのである・・・(。-`ω-) ん〜♪

     歴代の賢人の多くには、やはり賢い婦人が 婚姻相手だった人が多いからなぁ〜♪

    (-ω☆)キラ〜ン♪ 見つけないと♪

    (。-`ω-) ん〜♪ いや居過ぎるんだなぁ〜♪

    あの人も、この人も・・・爆 


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:38:37 (363d)