国 自衛税の検討

  • ページ: 平成23年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2011-10-31 (月) 01:59:34
  • 段階、参照:

趣旨

 本来ならば自衛とは、「自らが衛(まもる)ことを意味する」が現状の国民事情では、他人や公共機関へ過剰に依存する傾向にあり、文化発展の足枷(あしかせ)に成っている。

 しかし公的機関に依存する必要性が有るのも事実であり、それを補う為に、相応の税枠を設けて予算を確保しつつも、安全、安心、安全性などを確保することを目論む。

 その対象は、次の通り。

  • 防衛庁 - 自衛隊
    • 減災
      • 救助
  • 警察庁
    • 公安
      • 風紀の改善、及び、維持
    • 保安
      • 取締、等
  • 総務省 - 消防庁
    • 救命
      • (未知の)疫病、等

終了

理由

令和03(皇紀 2681;2021)年03月28日 現在

 本件の課題は、『国 自衛税の設置 - 平成23年度の進捗/40』で、引継ぐ。

補足
 つまり、設置の『検討』から、『要請』に、変更

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-28 (日) 23:23:27 (124d)