国 現行憲法の再認識と公務上での厳守を徹底

  • ページ: 平成23年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別:自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2011-10-31 (月) 01:04:12
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦に、限った、事でも、無いが、「立憲国で、ありながらも、その憲法の趣旨に、合う、文化向上を、民が、求める、事に、消極的と、成って、いる、状況」に、ある。

 また、「『(あ)憲法の趣旨を、厳守する、事』で、得られる、利益の明確性を、求めつつも、『(い)現行の憲法を、全国民が、理解を、行う、為の戦略』が、必要」と、判断するに、至る。

 『(い)』の目的を、果たす、為には、『(ア)全種の公務員が、憲法の理解を、行う、事』と、「(イ)一般の民が、『(ア)』に、習う、形式で、『(甲)憲法の理解』、及び、『(乙)利益性の追求』、『(丙)妨害者からの防御』を、行う、事」が、求められる。

 よって、『(い)』の目的を、果たす、観点から、(ア)、(イ)の目的を、果たすべく、戦略性が、必要と、成る。

  1. 解り難い法律の条文を、万民に解り易く改訂させる戦略
    1. 解釈書の配布を国会に検討させる。
      1. 成人式などで、六法の配布などを検討させる。
    2. 国民の個々に置ける自衛意識を向上させる戦略を兼ねる。
  2. 各地方自治体の活性化
  3. 海外移住の活性化

戦略

 「織田信長の戦略思想を、基礎と、する」が、豊臣秀吉の戦略も、使う。

終了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年09月23日 現在

 後に、「別の課題で、引き継いで、いる」ので、本件の課題は、終了と、判断。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 22:26:06 (3h)