国 未登校児童における在宅学習の活性化

  • ページ: 平成23年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2011-10-31 (月) 02:16:04
  • 段階、参照:

趣旨

 未登校児童における存在が問題視されている。

 しかし『義務教育の過程に有る(児童が義務教育を受ける責任を親が負う:教育基本法・第五条)』ため、相応なる学位確保を必要とする。

 それらを差別なく、円滑的に推敲するにも、定時制学校、通信制学校に等しく、『新たに家庭教師型の検討』を設定することを目論む。

  1. 待機教員の導入
  2. 家庭内での学習
    1. 通信教育
    2. 家庭教師

関する、法規

教育基本法(電子的政府

平成十八年十二月二十二日 法律 第百二十号

第五条(義務教育)

 国民は、その保護する子に、別に法律で定めるところにより、普通教育を受けさせる義務を負う。

二項
 義務教育として行われる普通教育は、各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い、また、国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする。
三項
 国及び地方公共団体は、義務教育の機会を保障し、その水準を確保するため、適切な役割分担及び相互の協力の下、その実施に責任を負う。
四項
 国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料を徴収しない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-01 (木) 13:19:03 (107d)