宮内庁 皇太子妃雅子殿下の公務に付いて

  • ページ: 平成23年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2011-12-09 (金) 15:40:30
  • 段階、参照:

趣旨

 本人に許諾が無く、特定の政治団体などが優位と成るようにと、勝手に公務を設定した可能性などが伺える。

 つまり、雅子殿下が公務として、それらを受けると言う許諾が無く、宮内庁が勝手にと雅子殿下の公務として設定した可能性がある。

 よって、雅子殿下が公務を欠席した等と公表される部分に付いて、当人が公務として受任をしていたのかを確認しつつ、不当なる公務設定を排除する。(雅子殿下の常務上における自由を確保する)

 なお本件は、日本国 憲法 第二十二条に基づく。


 手っ取り早く、いつものように電話にて確認を行って、要望を行った。

関する、法規

日本国 憲法(電子政府)

昭和二十一年十一月三日 憲法

第二十二条
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

 二項
 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:40:24 (776d)