国 警戒区域での生活支援

  • ページ: 平成23年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2011-12-14 (水) 21:36:19
  • 段階、参照:

趣旨

 東日本大震災と同時に発生した福島原発の事故によって、警戒区域に1人で住み続ける男性の生活を国家として保障する必要が有るのかと判断する。

 なお、憲法の前文に習い、該当者の保護と、生活支援を検討されるよう、報告書を作成する。


 報告書に、補足枠で対処依頼を記入。

関する、法規

日本国 憲法

昭和二十一年十一月三日 憲法

前文 第二段落

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:40:25 (769d)