平成24年度の日誌

前日記

  1. 世間学習
    1. 津田塾
      • 女性学 - 第五回 Sexualty研究の視座 その2
    2. 立川防災館
      • 応急救護 - 体験
  2. 立川市役所
    1. 書類の提出
    2. 書類の受取
  3. Editer
    1. よろずやWiki
      1. yorozuya01/図書/平成24年度
    2. 万屋のBlog - 言葉の鉄人

 午前中は、津田塾の講義で、午後からは、
市役所への書類提出と出向きつつ、別部署で
受取る書類も有ったので、それを受取りにと
出向いた。

津田塾

 今回は、前回の続きで『Sexuality研究の
視座』の後半である。

 主に Pornography に関して、Animation、
漫画などを踏まえ、それらを条例などの規範
観点から考えることに付いてを学んだ。

 また人物的な発言者の意見として賛否両論を
確認する形式で、講義が進んだ。

 が♪

私の質問

 途中で、自由との言葉が出て来たのだが、
それが「日本国の憲法で言う、自由と異なる」
ように聞こえているので、それらを確認した。

 ら♪

Liberty、Liberalismなどの観点で言う、
自由である。

 ・・・との事だった。

 でも私の知る限り、Liberty、Liberalism
では、「洗礼され、且つ規則に従順な人々にて、
運営がされ、『規則範囲内での自由』だ」とも
想え、更に英国、米国では、その規範の主旨が
Christ教などの影響が強いのかと判断する。

 つまり逆の観点で、「その規範を厳守すると
言う観点に欠如ある、自立性に欠けた人々には、
成り立たない」との仕掛けが有り、それ相応な
悲劇を発生させる事が解っている。

 その点をChrist教では、「目して、黙する」
と言うのが一般的である。

 ・・・しかし、「目して、黙する」によって
生じる結果は、「規範を知り、それらを守ると
言う人だけが利益を得られる」との利己観点が
あって、憲法前文に記載のある「 われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」
との主旨に反するのかと判断でき、講義として
どう言った意味合いで、『自由』を使っている
のか、もっと憲法に準じて(講師が東京大学の
Faeroeでも有る関係で、憲法・第99条、国家
公務員法・第99条の)違憲、違反の可能性が
有るのかと想ったので、確認を!

   ・・・少々だけ行って、退却♪

女性(女子)教育

 講義の始めに、AV鑑賞が有るはずだった
らしいのですが、その扱いを講師が不明だと
言うことで、次回に・・・w

 そして講師の『おちゃめな一面』が強調を
されたけど、私も電子機器の扱いに疎いので
ただ見守るのみ・・・w

 以前に、講義が完全に終了する前に、生徒
達が、帰り支度を初めて、講師が少々に怒り
気味と成った。(ちょっぴり、講師と生徒の
関係が、可愛らしく見えた・・・w)

 が♪

 今回は、不思議と『びし!』っと決まり、
「前回では、最後に講師が気を緩めたのが
原因だったのかな?」との疑いも・・・w

 そんな感じで授業が終わり、前出と成る
質問を行いに、講師のもとへ・・・。

 ちなみに女子大生をかき分けて、講師の
所へと辿り付く迄が、意外に大変・・・w

よろ歩計

  • 15,178宝(ほ)
    • Bus移動 - 2回

昨日の一言、他人事

 Liberty~♪、Liberty~♪、Liberty~♪

           Kabaddi じゃないの会?

                     ・まさか! معمر أبو منيار القذافي‎ 会?!

                  ・Wikipedia

今日のYoutubu

 暗号でしょうか?


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:40:49 (434d)