前日記

  1. 世間学習
    1. 津田塾
      1. 女性学 - 突然の休講
      2. 梅子資料室 - 見学など
  2. Editer
    1. Yahoo!Blog
      1. 自衛隊で生じている、部下虐待の問題
      2. 東京TDLなら、同性愛の結婚が行える?
    2. よろずやWiki
      1. 電子工学で使う図の再作成と設置 - 万屋の Blog

 最近は、なぜか業務日誌の作成が
追い付いてない・・・。

津田塾

 講義を受けるはずだったのですが、
守衛の所で突然に『休校です!』っと
言われて、激昂仮面に変身をするべく
時が来たかと思ったが・・・w

 偶然、梅子資料室の見学を予約して
いたので、午後からのを午前中にと、
前倒してもらった。

 っと言う事に至る前、守衛にて怒る
寸前に、教務課からの電話があって、
「本日は、休校です♪」っと、軽快に
言われて、「遅い!、既に構内に居り、
守衛の許可を貰って、資料室へ向かう
ところ!(怒)」っと言ったのだが、
「あ♪、ちょっと待って下さいね!、
予約は、午後でしたよね?、先方の
都合も有るのかと思われます、確認を
取りますから御待ち下さい♪、あ♪、
改めて御電話しますから電話を切って
御待ち下さい♪」っと言われ、なぜか
女子大の中で、一人待ち惚け・・・w

 街中と違って、女子大の中だから
陳列棚の上に乗った商品の如くに、
品定めをされるような視線を、感じ
ながら、図書館の前で待つことに・・・ww

 数分後に、「お待たせしました♪、
資料室の方へ向かわれて構いません
ので、どうぞ♪」っとの指示が・・・w

 客としては、電話で遠隔操作された
感じで、随分と軽視されているように
想えたのだが・・・www

 まぁ、それらが現行の学校長による
方針なのだろうけど・・・とほほ。

梅子資料室

 大学図書館の一室に展示室があり、
そこの見学と成った。

 毎年にと、課題が変わるらしく、
『津田塾のキャンパス計画と建築』
との課題だった。

 でも、色々と知りたかったのは、
梅子先生の事だったけど・・・。

 ・・・っと想いならが、丁寧な
学校の校舎、図書館の建築などに
付いて、色々と教えてもらった。

 特に図書館は、面白い仕組みと
成っており、色々と工夫をされた
建築技法が用いられ、珍しい建物
と成っている。

 そして♪

 なんと最後に、予め梅子先生の
資料を別枠で用意してくれており
それらを見ながら色々な質疑にも
答えてもらった。

 更に!

 市立図書館、都立図書館による
検索資料も用意してもらっていた!

 10時15分ぐらいから見学して、
14時頃まで、男性職員にと御付き
合いを頂き説明などを頂きました♪

 途中で別の女性職員が、色々と
睨みを利かせてきましたけども、
それを故意(実験的)に無視して
みたり・・・ww

 知的な、御馳走♪

      御馳走様でした♪

梅子先生

 梅子先生の人生は、とても面白く
日本の女子としては、珍しく幼少の
時期に単身(年齢の違う女子数名)
で、渡米をして異文化の経験した、
帰国子女と成る。

 その人生における後期での写真を
本で見たが、なんと!紋付の羽織を
着ていた!

 彼女は、渡米時に生活した家庭の
環境から、Christ教の影響を受けて
いるので、日本の文化的な観点には、
拘りが無いのかと想っていたけども、
人生の末期から、父親の意志を引き
継いだとの意識が強かったのかとも
写真から感じられた。

 ところで彼女の名前である『梅子』
なのですが、初期に『むめ』だった
との説が有る。

 実は、大工(建築)用語で『むめ』
と言えば『無目』と書いて窓などで
上下に分ける仕切り部分を意味する
らしい。

 それを解すると「この門を通った
人にとって、天からの光りを伝える
役割を担う人間」と言う意味合いが
有ったのかと想われ、現に幼少期に
渡米して、更に帰国後、国内で初の
女性だけのChrist教団体を結成した
とか・・・。

 そして後に『うめ』へと変わり、
更に『梅子』と成ったが、日本の
歴史でも、女子に「子を産め」と
強要するかの如くな時代があって、
後に戦争へと・・・。

 彼女は、産まず『梅子=花』と
成った訳だが、何時までも子供の
ままで居るのも、どうかと・・・w

 ちなみに梅を英語に訳すならば、
『 Prunus mume 』と成るので、
その観点からの『梅』なのかも?  

 ところで! 1900←・→2012

 ちょうど88であって、八八と
成り、つまり母校である母の年と
掛けるのが妥当かと想われつつも、
当然に、梅子先生を知らずしては、
津田塾の建設計画に付いてを知る
ことが行えないのである。

 つまり真の母は、梅子ちゃん♪

 彼女は、自分の笑顔よりも、
   きっと生徒達の笑顔が好きだったと想う・・・。

 それは、多くの教育者に見られる
心理なのかとも想われる。

実は・・・

 先週の津田塾における講義へ出向く
時に、履いていた靴が普段と違う物で、
長距離を歩くのに適さない靴だった。

 両足の踵(かかと)には、5cm
程度の大きな『まめ(水ぶくれ)』が
できていたのですが、無理をして、
漸くに到着した、大学の門前にて、
『 本日は、休校です!、つい10分
前に、守衛にと連絡が有りまして♪』
っと、激昂仮面に変身をするべく、
時が来たのかと想われる程の怒りが
込み上げたが、「まぁ、そんな事を
する大学なんだろう・・・」っと、
割り切って、午後に予定をしていた
梅子資料館の見学へと切り上げた。

 帰りの途中で水ぶくれが破裂して
かなり痛かったのですが、とぼとぼ
歩いて帰宅を・・・とほほ。

昨日の一言、他人事

 極端に遅く、極端に早い!

    恋愛相手の下着を脱がすまでと、脱がした後会?

今日のYoutubu

 私に対する嫌味だとも思える作品なのですが・・・w


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:40:51 (441d)