国 NEETの違憲性と対策

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-07-11 (水) 06:55:02
  • 段階、参照:

趣旨

 憲法・第二十七条*1との定めが有る。

 よって、NEET(Not in Education, Employment or Training:本邦では、15〜34歳までの若年無業者)の存在が違憲的と成るので、それを解消する報告書を作成する。

関連する、法規

憲法(電子的政府)

昭和二十一年十一月三日 憲法

第二十七条

 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

二項
 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
三項
 児童は、これを酷使してはならない。

*1 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:34 (532d)