国 各行政機関に業務監査部を設置

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-07-12 (木) 09:03:12
  • 段階、参照:

趣旨

 近年における『(甲)公務の電子化(乙)及び業務方法の進化』に伴い、更に『業務品質の向上を研究する』と言う観点で、対処する部署を設置する必要が有ると判断している。

 既に、『会計検査院』が設置をされ「無駄な税の消費を抑制している」が、業務事態の向上に繋がるとも限らない。

 よって、公務員の業務上における、負荷を緩和しつつ、公務品質の向上を目論む必要が有り、一般企業だとCSRなどの部署が設置をされるが、公的の機関では、SRとの観点で部署を設置することで象徴的な部署を司ることを目論む。

補足 - 平成29(皇紀 2677;2017)年03月12日
 本件の提案後、行政評価局の存在を認識するに至っているが、その機関による効果が裁判所に及ばない(裁判所に関する事案を扱わない)事が解っている。

 ちなみに、本邦の裁判所における『(甲)自治性、(乙)経済性、(丙)進化性』は、低く、「宗教などの思想による妨害的工作が生じている」とも判断するに至っている。

関する、課題

棄却

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月28日 現在

 現状の本邦には、総務省に、行政評価局調査の設置が、有り、僕も、他の課題で、利用を、行う、事が、多々に、有る。

事例
 各種の事例で、功績を、確認するに、至って、いる。
最高裁判所 事務総局 人事局 調査課の『人事的苦情の窓口』を、開放
 嘗ては、各種の苦情、等は、「(A)事務総局 広報課のみ、受け付けて、いた」が、「(B)事務総局 広報課の対応が、悪く事務総局 広報課の対応が、悪く、(C)その件で、苦情を、行っても、握り潰す、傾向に、有った」ので、総務省 行政評価局に、告発を、行って、後に、『人事的苦情の窓口』(事務総局 人事局 調査課へ、苦情の申立)が、開放された。
補足
 当時、『総務省 行政評価局』では、「裁判所における、業務の評価は、行って、無い」が、事情(僕と、裁判所の職員における、録音の内容を、聞かせ、懇願を、行った、等)によって、「情報の提供を、受けた」と、言う、程度の範囲で、苦情を、受けて、もらって、いた。
『国 銃部品の売買、譲渡 - 日誌/進捗/令和02年度/114』の案件では、代替で、苦情の受付
 警察庁、内閣府での応対が、不可能と、成った、時に、苦情を、兼ねて、『総務省 行政評価局 行政相談管理官室』へと、『(あ)本来、警察庁に、伝えるべく、情報』と、『(い)それに、至って、無い、事の苦情』を、行うに、至ったが、苦情だけに、留まらず、(あ)も、代替で、受けて、いる。

 他にも、良い、意味での事例(総務省 行政評価局の経由で、行った、要請、苦情に、基づき、改善されて、いる、事例)が、多く、有る。

 よって、「国は、相応な努めを、果たすに、至って、いる」と、判断するに、至りて、『好い、意味での却下』と、判断するに、至った。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-28 (火) 13:36:59 (129d)