国 外国人による国内での居住

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-02 (月) 18:34:24
  • 段階、参照:

趣旨

前提
 前年度から、持越の案件。

 近年の日本国では、外国人の居住者が、年々に、増えて、いる。

 また、国内で、『(A)在日外国人』、『(B)帰化人』、『(C)「(A)、(B)」の子孫』による、「不良的活動も、増えて、いる」のが、現状。

 逆に、日本国を、愛する、外国人も、居るが、(A)、(B)、(C)と、区別を、行う、必要が、有る。

 よって、不良な外国人の排除を、行いつつも、善良な外国人の居住を、護る、必要が、有る。

 尚、自治性の観点から、「(a)外国人への選挙権、等は、日本国の憲法、他の法規を、逸脱する為、認める、必要が、無く、(b)帰化すれば、事が、足りる」と、考える。

要望

文面の作成

 最終的に、現代の若者達における、事情、等も、含めて、内容を、纏めた。

立川市役所からの返答

  • 自由な研究/鑑査/立川/h24 立広聴・第105号
    • 平成24(皇紀 2672;2012)年06月15日付
      • ※注意 書面上では、『平成22年』と、記されて、いるが、市役所による、誤り。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-01 (火) 01:23:45 (92d)