国 皇居の移転

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-07-16 (月) 21:28:17
  • 段階、参照:

趣旨

 東京都での大地震発生における安全性の配慮から、皇居の移転を検討する必要が有るのかと判断している。

補足

 現状(平成29年03月12日現在)の国家における重要的機関は、皇居の周辺に集まっている状況に有り、他の民間における企業でも同じ。

 今後においても皇居を中心に集中する可能性が有るが、現在の本邦における事情では,周辺の諸国による軍事的脅威をも考慮する必要が有るが、その防御性も低い。

軍事的脅威
 僕の判断では、「東京都へと弾道型攻撃機、が同時(10分未満)に10機以上の攻撃を受けた場合,それを完全に防御をする事は,不可能」と判断するに至っている。
被害
 弾道弾が一発でも着弾すると、数千人規模の死傷者が生じる可能性が有り,核弾頭の場合には,一発でも数千万規模と成る。
軍事的な脅威に限らない
 軍事に限らず,あらゆる脅威が想定され、『(甲)疫病の蔓延、(乙)宇宙からの飛来物、(丙)自然の災害(火山、地震、台風など)』に付いても考慮する必要が有るが、本邦で生じた過去の事件からも、それらの防御率が低い。

 つまり、皇居を移転させる事を期に、首都の機能を分散する事を活性化する事が可能と想え、現状における、あらゆる危険性を回避する事を活性化させる呼び水に成るのかとも想える。

 危険を分散的回避する概念は、あらゆる分野で用いられ、近年だと『(あ)一般企業でも人材を管理する地位や、(い)投資、(う)保険の概念』で学ぶ事が有るのかと想われつつ、その能力が無い場合には,常に恐怖と欠乏から免れられず、違憲と成る。

留意
 嘗て、米国が本邦に対して真珠湾攻撃を誘発させた状況に、現状の本邦が類似する事を、全国民が理解する必要が有り、「本邦の経済性戦略の脆弱性」が明るみに成っている事を意味する。
警戒
 米国は、911事件を未然に防ぐ事を行わず、本邦でも311事件(被害しに本題震災)において、未然に国民を避難させなかったが、僕の判断だと「特定の宗教や思想などの団体では、事前に解っていた」と判断しており、それにおける「仕込み工作(とある思想による優位性を保つ工作)も、だいぶ前(数十年単位)から行われていた」と判断するに至っている。
追記
 過去から行われている仕込みの工作における関係から、該当の宗教と、それに関連する集団、企業などの活動を警戒(観察)するに至っている。
  • 平成29年03月12日

関する、法規

憲法 (電子的政府)

昭和二十一年十一月三日憲法

前文 第二段落

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:36 (535d)