立川市役所 破損本に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-07-19 (木) 08:00:32
  • 段階、参照:

趣旨

 『(A)立川市役所では、以前から、雑誌、等を、中心に、破損本を、平然と、貸出す、業務の(へき)』が、有り、且つ、『(B)その目的は、貸出者の精神を、破壊が、目的』と、判断。

補足 令和02(皇紀 2680;2020)年09月15日 現在
 後に、『破損本の貸出は、精神の破壊を、試みる、工作』と、暫定。
留意
 本節の工作性に、付いて、『精神病質性が、異常に、高く』、立川市役所の管内では、外にも、数多くの手口で、精神の破壊を、試みる、工作が、生じて、いる、事を、感知。
警戒
 立川市役所の管内で、生じて、いる、自殺も、誘導的工作によって、生じて、いる、可能性が、有る。
手口の事例
 指定暴力団でも、用いられて、いる、手口で、「『みかじめ料』の回収を、試みる、為に、表見上で、対立の関係に、有る、複数の指定暴力団が、標的の店舗で、紛争を、生じさせて、後に、正義の味方を、演じる、組員の関係者が、紛争の仲裁を、行う」との演出を、「『みかじめ料』の回収が、行える、迄、続ける、方法」( Jehovah's Witnesses でも、同じ、方法が、用いられて、いる:外に、NHK、NTT 光通信、等の戸別訪問型の営業で、用いられて、いて、人材が、本邦の民と、異なる、感覚の者が、自然に、集まるような、職場に、成って、いる :普通、「やばい、企業で、働こうと、想わない」が、『歪んだ精神の者』(違憲、及び、不法な行為者:比較的に、後天性の精神病質者、等)は、『金の為』にと、着手を、行う、傾向に、有る」と、同等に、東京都 多摩地域では、「あらゆる手段を、用いて、標的の精神を、損傷させた、後に、まず、宗教系の救済を、差向け、それに、応じない、場合には、思想系、それにも、応じない、場合には、Terrorism 系へと、引き合わせ、等を、行う、手口が、有る」(実際に、その手口の被害を、被った、事が、有る:僕が、被った、関係では、特定の宗教、思想、等が、優位に、成る、方への誘導と、成って、いた、事から、 似非民主主義、筆頭の Freemasonry と、同等に、共産党、等への警戒を、強めた)が、後に、「一般的に、極普通の人間関係で、用いられて、いる、工作だった」とも、判断。
 また、驚いたのは、「精神医学に、基く、工作が、用いられて、いる」との点と、各宗教、思想、等では、例外なく、ほぼ全ての団体で、悪用されて、いる。
 更に、精神医学的工作との部分では、やはり、「高学歴、及び、学者、等の助言、誘導、教唆、等が、含まれて、いる」とも、判断。
 その関連で、長年に、芸能を、含む、色々な分野を、観察するに、至って、いたが、意外にも、似非(自称) による、関与、及び、江戸の時代、以降に、生じた、(似非:主に、自己暗示型、等の意識誘導的な工作、並びに、洗脳によって、成り立つ)宗教、思想、等、並びに、雑誌系、民放 TV 系(故意に、TV を、見て、無いが、YouTube、等を、介する、形式で、「一般人に、何を、刷り込もうと、試みて、いるのか」の観察:要警戒は、TV 東京)を、長年に、行って、いる。

 「僕が、立川市役所へ、過去に、数回以上もの注意を、行って、いる」が、責任転化の言い訳ばかりで、実質的な業務の品質が、向上と、成って、無い。

詳細 - 追記 令和02(皇紀 2680;2020)年09月19日*1
 主たる、原因は、『(あ)貸出の時に、本の検査を、行って、無い、事』で、生じる、事も、解って、いた。
故に、改善の請求を、行った。
 「(あ)の欠如に、伴い、僕が、『(い)貸出の直前に、検査の業務を、加える、事』を、求めて、いた」が、改善される、事は、無かった。
補足
 後に、『(弌)図書の業務を、民間へ、移行を、行う、方針』(「特定の業者が、利益を、得られる」と、想える)が、有り、『(弐)現状の業務を、不快に、感じさせて、民間への移行を、待ち望む心境を、民に、抱かせる、心理工作的な対応だった』と、暫定。(参考 立川市役所 図書館の各種の問題 - 平成24年度の進捗/147
民営化前での外事件
 外にも、「図書館 職員用の事務室(建物の三階:図書館も、同じ階)で、東日本大震災の関係から、『壁に、大きな、亀裂が、生じて、いた』が、それを、客観的に、誰が、見ても、『建物の耐震性が、悪く、成って、いる』と、想える、環境で、運営を、行って、いた、事件」も、生じて、いた。(参考 立川市役所 庁舎の耐震に付いて - 平成24年度の進捗/203
民営化後での事件
 元事件(『(あ)』の欠如、及び、それを、改めない、立川市役所、及び、その市民における、性質)の関係から、「(ア)僕が、貸出の直後に、検査を、行う、事」で、補って、いたが、それでも、破損本を、平気で、貸出す、事が、判った、外に、「僕が、長机(六人の程度が、座れる)で、(ア)を、行おうと、座ると、『(a)飲食を、行って、いる、二人の子供』と、『(b)その子供達の存在を、知りながら、平然と、座って、いる、二名の大人(男)』が、居て、『(c)更に、図書館の職員も、「(a)」の存在を、知りながら、黙認を、行って、いた』ので、「(イ)図書館の職員に、警告を、行った』が、後に、『(d)図書館の職員から、注意を、受けた、「(a)」が、反抗的言葉を、発するに、至った』ので、『(e)「(a)」が、図書館の職員に、暴行を、行うに、至った、場合の正当な防衛の体制を、示す』と、『(f)「(a)」が、沈黙と、成り、職員の指示に、従うように、成った』と、言う、事件が、生じた、事も、有った。(参考 立川市役所 児童による図書館での飲食に付いて - 日誌/進捗/平成25年度/201

 よって今回は、その業務を管理を行っている者に、『業務的能力が無い』との疑いが有るなどを含めて、報告書を作成する。

 なお図書館の図書は、市民の財産であり、図書館職員だけが管理責任を負っていると言う物でもない。

返却BOXの劣化に付いて

 高松図書館にて使われている図書の返却BOXは、長年の使用における老朽化から、返却時に、図書が破損をする可能性がある。

 よって、それに伴う修繕の請求などをも同時に行う。

改めての指摘

 破損本の提供が相変わらずに続くので、改めて指摘を行った。

文面の作成

立川市役所からの返答

補足

 本案件は、訴訟にて最終処理を行う。

終了

理由 - 平成29(皇紀 2677;2017)年04月05日

 消滅時効的な観点も有るが、市民の立場から「不信な機関の利用を行わなければ良い」との判断に至っており、現状で利用を行ってない。

 また、「高松図書館は、私的な寄付によって設置された」との認識も有り、それを『行政で過剰に(利益性の観点から、損失が多い状況で)保護(税金で維持する事)を行う理由も無い』のかとも思われるが、その運営を管理するのは、立川市教育委員会であって、その配下で自分の子供を育てる観点も無く、(現在、独身だけども)他の自治体で家庭を育(はぐく・む)む事を決意するに至っている状態に有る。

 よって、市民、及び国民の一人と言う観点では、十二分にと対処を行っていたが、『(あ)他の市民との意向や、(い)無関心(無責任性)に伴い』、「他の立川市民と自分とは、異なる」とも決断するに至ほどの心境も有って、「不信な機関の利用を行わなければ良い」との判断に至った。

なお
 これらの案件後から、立川市自治の市民と交流を行っておらず、調査や公務員に限り、接点が有る程度に留まっているが、そのように「人の人格を追い込む(操作する)人間関係工作も生じている」と判断するに至っており、「孤立死や自殺が管内で生じている原因に成っている(ちなみに自殺)」との疑いから、宗教や思想の団体を観察するに至ったが、宗教や思想の悪質性と異なり、「単に市民生が悪いだけの事」と最終的な判断をするに至っている。
補足
 当時の健康づくり担当課長(平成28年10月01日現在、保健医療担当部長:女性)が当時に、「これ(年間に40人前後)でも自殺数は、都内で少ない方なんです。」等と、人の命を数値の一つと換算する冷やかな返答が有った事を記憶しており、それ以後においても健康福祉や医療福祉の分野で、人間関係の工作が展開するに至っている卑劣さから、「俺は、お前達のような立川市の民と異なる」と強く思うに成った。
追記
 平成28年10月01日現在(それを知ったのは、平成29年04月05日)、健康づくり担当課長から、保健医療担当部長に成った人事に付いて、市民の立場から残念に思っている。
図書館と医療福祉の関係
 高松学習館、高松図書館、福祉保健部 健康推進課(健康会館)の建物は、同じ敷地内で隣接する。東日本大震災の発生から間近な時期では、建物の耐震性に脆弱性が見れる事(三階に有る図書館の事務室に、信じられないような大きな亀裂が有り、冷蔵庫で隠されていた。:当然に職員側も不安と諦めを抱くような心境で公務に至っていた事を確認するに至っていた)を、一般人からも判る状態に有って、当時の図書館長に激怒するに至った事も有る。建物的な管理の責任は、福祉保健部 健康推進課(健康会館)にも有ったので、その責任者(健康づくり担当課長、保健医療担当部長とは、異なる)から事情を聴く等の調査も行っていた。なお後に僕が、高松学習館運営委員にも成っているが、後に解任される事件も生じるような状況に有った。
その他
 医療の分野における宗教、思想などを基礎とする人間関係の工作(Neglectなど)に付いても、やはり追求すれば宗教、思想の観点と異なり、『立川市自治の市民性における独特の感覚』であり、そうした状況が市民的に普通(日常)なので、一般の市民や、そうした市民生(市民の大衆性)が、公務員や宗教、思想を介する形式で維持されている。その現象は、他にも一般的に知られている、『新宿、池袋、浅草、足立区、五反田』等でも見られる市民性で、特徴が有る。
西洋の思想に置ける経済的戦略の仕掛け
 人体医学で言う所の後天性免疫不全症候群(AIDS:Acquired immune deficiency syndrome)と似て、「肉体的と異なる精神部分を蝕む工作が展開されていた」とも判断でき、それが発症すれば、大阪市に有るあいりん地区等の如く、倫理が低下する可能性(仕掛け)も、経世済民の観点から見受けられた。この現象は、本邦だと、何だかの西洋的思想や宗教など、あらゆる面で否定された自治に生じる傾向があって、特に開拓と称した思想や宗教の普及を目論まれた移民的開拓地でも見られ、思想が仕込まれた世代も明確に判る自治も有る。

*1 僕が、当時の立川市役所 職員、等から、被った、精神的な外傷に、基づき、忘れる、事が、無く、故に、数年を、経た、後でも、鮮明に、記する、事が、行える、僕の現状に、留意を、されたい。また、そのような自治体(外にも、多々の違憲、違法な活動が、自治体内で、極普通に、生じて、いた)で、有るが、故に、僕が、総務省へと、何度か、『自治権 剥奪の請求』も、行って、いる、程。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-19 (土) 18:32:09 (2d)