国 自由の定義が解らない、公務員を排除されたい。

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 緊急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-08-15 (水) 14:24:44
  • 段階、参照:

趣旨

 分類的には、『接遇』と成り、自由と勝手に付いて、理解が無いと、適切な公務が行えない。

 そもそも、「我が国(日本国)で言う自由とは、憲法・第十二条に定めが有る通り」であって、それを逸脱できない。

 よって、憲法・第十二条における自由の理解が無い公務員による不祥事が後を絶えず、そのような状況を改める為にも、また接遇の観点で「民が主張する自由と勝手の違いを理解させ、相応と成る対処を行う能力が求められる」のが公務で期待されるのだから、相応の能力を有する必要が有り、研修も必要とされる。

完了

要望文の作成

配布先

    1. 東京都
      1. 立川市役所

関する、法規

日本国憲法(電子的政府)

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:39 (724d)