国 自治大学の存在確認

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-08-23 (木) 15:43:02
  • 段階、参照:

趣旨

 公共大学における職員の減給を検討する必要が有るのかと判断するに至っており、その調査に関する序に、自治大学の存在(機能)を確認。

関する、課題

完了

調査

結果

 自治大学は、国家公務員、地方公務員だけが、参加を行える研修的な大学機関で、各市町村会、都道府県知事から推薦された人員が、学べる。

公務員における憲法の把握に付いて

 研修項目にと既に有るらしいのだが、それの効果が発揮されてないと感じる。

 原因は、「どう言う時に、必要と成るのか」を、現場の職員が理解しておらず、また相応に指導も行われて無いからだと、判断している。

 また必要に応じて、どのように説明をすれば良いのか(接遇の方法)をも教育で行えてない。

 そこで自治大学に「今時代のITを踏まえた接遇が求められ、また嘱託職員などへの教育、指導も必要とされるのだから、相応なる管理職&研修を行われた無い」との要望を行った。

  • 平成24(皇紀 2672;2012)年08月23日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:41 (535d)