国 公務員の俸給、賞与

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-08-29 (水) 12:40:46
  • 段階、参照:

趣旨

 公務員の俸給は、生活保護者と同等に扱われる必要が有り(給料を目的に仕事をする業務と異なり)、公務の功績(公的な利益の発生)に基づき、相応の賞与を与える体制に変える必要が有るのかと判断する。

留意
 警察では、取り締まりの件数が賞与に直結する事も有るらしい。
失望
 裁判所の裁判官における業績も、質よりも件数などで換算されている疑いが有る。

 また現状では,異常な均等的支給と成っており、悪行を働いている公務員と、懸命に働いている公務員との差も然程に無く、公務への意欲を削ぐ原因にも成っている。

公務への意欲を削ぐ
 それによって公務員の倫理感も失われつつ、自治性も低下する。事例的に、大阪市などが該当する。

 よって、相応の報告書を作成する。

 なお、「地方公務員は,一般労働者の扱い成っている」らしく、俸給と異なる。

  • 再編集
    1. 平成29年03月12日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:42 (603d)