国 図書の購入と、貸出に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 緊急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-08-31 (金) 10:37:47
  • 段階、参照:

趣旨

 公立(国立、都道府県、市町村)図書館は、「以下の項目における図書を、購入、貸出を、行う、必要が、有るのか」を、確認。

  1. 自殺の方法
    1. 各種の手段
    2. 安楽死の方法
  2. 合法麻薬(不当薬物)の作成方法
    1. 栽培、生成方法など
  3. 武器の作り方
    1. Terrorismに使われる物の作成方法
  4. 何だかの犯罪を遂行する為の方法 - 探偵業務の方法は、悪用され易い
    1. Stalker
    2. 盗聴
    3. 盗撮
    4. 軽犯罪などを行う方法

調査

立川市役所 図書館

平成24(皇紀 2672;2012)年08月31日 現在

  • 要調査の対象
    1. うつと自殺/筒井 末春 集英社 2004
    2. 家族・支援者のためのうつ・自殺予防マニュアル/下園 壮太 河出書房新社 2006
    3. 完全自殺マニュアル/鶴見 済 太田出版 1993
    4. 自殺願望/ロブ@大月 彩流社 2004
    5. 「自殺志願者」でも立ち直れる/藤藪 庸一 講談社 2010
    6. 自殺者たち/稲葉 真弓 青弓社 1994
    7. 自殺で遺された人たち(サバイバー)のサポートガイド/アン・スモーリン 明石書店 2007
    8. 自殺予防学/河西 千秋 新潮社 2009
    9. 徹底検証自殺のメカニズム/稲村 博 創森出版 1995
    10. 友だちに「死にたい」といわれたとき、きみにできること/リチャード E.ネルソン ゴマブックス 2007
    11. なぜ人は、砂漠で溺死するのか? 高木徹也 メディアファクトリー新書

苦情、改善の請求

確認文の作成

立川市役所からの返答

追記 - 平成29(皇紀 2677;2017)年04月11日

 これを、切欠に、自殺への誘導が、自治ぐるみで、展開されて、いる、可能性を、疑うに、至って。いる。

 なお、立川市役所の管轄下に、異常な数の宗教や、思想の団体が、有りながら、本件のような、状況と、成って、いる、事で、「市民の全体に、対する、不信感を、抱く」にも、至って、いる。

動向の調査

立川市役所 図書館

平成30(皇紀 2678;2018)年04月07日 現在

 検索で、改めて、『 完全自殺マニュアル 』の文献を、調べると、現在でも、所有を、行って、いる、事が、判明。

 立川市役所の管轄には、異常な数の宗教の団体や、思想の団体が在るが、僕が、毎年に、行っている、調査だと、自殺者数が、42人前後も、居る、事が、判って、いる。

※ 参考
 『関する、課題』は、「基本的に、過去の課題を、記す」ので、後に、生じた、課題を、『参考』で、記載。

対策

 再度、「有害な図書の保有を、止める、事」を、求める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-15 (日) 22:55:04 (144d)