国 司法試験における制度の更なる改正

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-02 (月) 19:04:59
  • 段階、参照:

趣旨

  1. 司法試験の予備試験
    1. 裁判所の職務(書記官、事務官)を、経た者に、対する、一部の試験を、免除。
    2. 『司法書士、行政書士』の資格が、有り、、5年以上の勤務暦を、有する、者に、対する一部の免除。
  2. 裁判官の採用を、改める
    1. 刑事訟廷の裁判官における、選定
      1. 刑事事件の100件以上を、主担当で、扱った、弁護士、または、検事を、採用。
      2. 但、最高裁判所が、指名を、行い、国会で、承認を、得た、者を、除く。
    2. 他の訟廷における、裁判官
      1. 各部門における事件を100件以上を、経験するに、至った、訟務官、並びに、弁護士。
      2. 但、最高裁判所が、指名を、行い、国会で、承認を、得た、者を、除く。
補足
 前年度からの持越案。

関する、課題

世情の観察

法務省

令和03(皇紀 2681;2021)年04月05日 現在

 現状での制度は、次の通り。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-05 (月) 12:43:48 (18d)