国 各種議会員の認定試験を検討

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-09-07 (金) 11:23:06
  • 段階、参照:

趣旨

 「国会、都道府県、市町村の議員に対して、その質が昔から悪い状況に有る」のかと思う事が多々に有る。

 そこで今時代だと、「議論、討論の方法が学術的に明確に成っている」のだから、その技法を学ばせ、適切なる議会の運用を保つ必要が有る。

 特に、議会中に寝ていたり、他の事を行っていたり、他人の発言を妨害する等、「国民に対しいて侮辱的な行為が多いのも、相応な教育などが無い事が原因だ」と判断する。

 よって、「相応の認定制度を設ける必要が有る」のかと判断する。

 なお認定の内容としては、各議会運営の全容であり、その認定証が無くても、何だかの議員へ立候補する事も可能だが、徐々にと認定取得者の方が有利な時代へと変わると想われつつ、基本的に『習得の義務を課さない事が好ましい』(自主的な習得を求め、法規などで規制せず、民が自らの意志で能力を得ようとする:自由の確保)と判断している。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:47 (532d)