国 「○○だろう」と言う返答は、止められたい。

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-09-07 (金) 12:44:33
  • 段階、参照:

趣旨

 (甲)不明確な返答を行い、(乙)時に不実を誤認させ、(丙)国民に不利益をもたらす公務員達を排除する。

 または、その該当者に更生(再教育)を検討するように請求を行う。

立川市役所

 立川市役所の職員の殆どが、架空で「○○だろうと想います」と返答される事が、異常に多い。

 公務は、憲法、並びに法律、規律等に伴って運用をされてるのであり、それらの根拠も理解されて無い者が、平然と「私は、業務の根拠を理解していません」と言うのに等しい返事をするのが特徴である。

 よって公務員は、一般人に業務や何打かを説明する場合は、「憲法、法律、規則などの規範を前提に、その内容を明確にする責務が有るのだから、それを基礎とする接遇の教育が必要だ」と判断するに至っている。

補足

 なお本案件は、立川市役所や、司法の機関(特に、裁判所)の接遇における能力上に対する欠如が原因でそれを補う為に、全公務員へ教育、再教育の請求を行うに至っている。

要望

文面の作成

立川市役所からの返答


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:47 (532d)