国 女子高生など下着の見えるMini Skirtの着用に付いて

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-10-14 (日) 22:10:58
  • 段階、参照:

趣旨

 原則的には、校則の違反とされる Mini Skirt だが、それを護る生徒は、基本的に少ないのかと想われる。

 そこで不本意ながら「(一)Bloomers など見えても好いような物を身に付け、(ニ)また、教員に付いては、見られても好い事が前提」とされ『倫理観の転換』を図られるよう、要求を行ってみる。

 近年では、『見せる下着』と言う感覚も有るのだが、それらを踏まえ、「見たくも無い物を見せ付けられて居るのだから、そもそもに Sexual Harassment だ」との観点で、発想の転換を図る必要も有るのかと想う。

補足

 ちなみに僕は、Mini Skirtを履く女性に対して、娼婦的な感覚(売春婦:風俗嬢)でしか見えてない。

 でも、歴代の彼女には、数名居たのも事実である。

追記

 なぜ、女子高生に Mini Skirt が流行ったのかに付いては、幼少期の刷り込みによって生じているのかと想われる。

+  YouTube
留意
 ちなみに世代的な問題も有り、戦後、それからの第二世代にも生じている現象で、女性の一般の女性における Skirtの丈は、景気と反比例すると言われており、現状だと第三、第四、第五世代で特別な服から普段着に成り、第三、第四の世代で女子高生への影響が出てきたのかと想われつつ、同時期に Pants も流行りつつ、女子による男性型の服装も流行りつつ、第五世代(流行から女子高生の制服に定着*1する時期)では、性同一障害も認められる時期に該当するが、「服装からの影響による病状の悪化も有るのか(服装の自由から、精神の固定化を求める心情が強く成る)」と疑える。
+  YouTube
  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月17日 現在
    • 僕が、女性よりも女性の事を知っているのは、歴代の彼女達による教育が好いからです。
      • 経済学の観点から、「女性の服装と景気には、関係が有る(落語の『風が吹けば、桶屋が儲かる』の原理)」と言われているので追求している限りで、僕の好みでは、好んでません。

棄却

理由

 民の個々に委ねる。

解説

 実は、『規則と社会性』と言う概念があり、男社会でも服装と従順性が有り、女性でも同じである事が解っている。

 本邦では、(西洋的思想などが)民の心理的な動向を操作する特に、女性を起用する事が解っており、それによって倫理観の一時的な破壊を試みられつつ、それを経て成人する頃には、それまでの若気の至りを反省させる社会的な仕組みを作っているのかと疑う程で、洗脳術としての効果も有るのかと想われる。

補足
 僕の世代だと「中学生(小学校卒業程度)の時期には、倫理観の維持と、倫理に反する事への責任を自覚する精神が形成されていた」と想われつつ、そうした環境は、各自治体によって異なる。
追記
 実は、当時に『暴走族から卒業をする時期』と言う概念が有った地域も多く、多くが18歳~20歳未満で卒業する集団が有った。
暴走族など暴徒的組織でも規律が有る
 実は、学校の規律よりも厳しい罰則が有るのも特徴で、Mafia(マフィア)、Gang(ギャング)でも同じ特徴が有る。また『(甲)規則を厳守する性格、(乙)及び規則を作る理由』も集団を構成する原理として、何事においても変わりなく、人類が古来から使ってきた社会的統制の手段に成っている。
留意
 宗教や思想によっても異なるが、『人格の個々を自立的に自覚させる環境では、社会性が無いが、個々の倫理観が高く、人間関係上の信頼も、極普通的に他人でも高く、双方で利益の平等性が図られない場合には、協議が事前に行われ、争いを未然に防ぐ』との感覚が、集団の代表者で行われるのでなく、個々の間で行われつつ、形式的な協議が無くても、お互いの性格や利害的関係を把握している事によって、自然的にと自制的に他者との均等性を図る傾向にあり、その観点を一般的に『思い遣り』として道徳的に教えているが、近年だと道徳心を阻害する(洗脳や信仰の妨げに成るので阻害する)活動も有るのが事実である。

 現実的にほたるこい作戦が展開しているのかと想える程で、規則が甘い生活を求めるのが現状であり、それによって自治性が低下するのは、思想や宗教上の観点から「悪い人格を有しているから」と評価されつつ、それから抜け出す為には、思想や宗教が必要だと想わせ、その救済者として各信者が営業の活動を行っているのも事実である。

 ちなみに西洋的な思想では、Neverland(ネバーランド)、Pinocchio(ピノキオ)で童話で大衆的教育が行われており、「前出のほたるこい戦略で誘導された少年達は、西洋の思想的倫理観が無ければ、自然に人格が劣化する」との文化的な戦略にも該当すると疑うに至っていたが、現在だと情報化社会の関係から、「少年期の倫理観は、情報を処理する方法に委ねられ、欲求と制限」が自由に求められる環境に有る事が多く、世界的にも文化的水準の高い自治で見られる子供への(公的、家庭的に限らない)教育的環境なのかと想える。

 よって、義務的教育の他は、当人の個人における人格に委ねられつつ、それを国家(本邦の場合だと憲法や法律など)が自由(勝手と異なる)として保障されているのだから、それ(本邦の憲法)に委ねる。

 なお、それらを論述的に少年へと理解させるのには、高度な理解力が必要で、これまでだと『理屈を親世代が子世代に押し付けつつ、その矛盾(理不尽さ)を補おうと努力する子供達の世代が、結果的に殆どが開拓を行えず従事型に成り、極わずかの理屈に屈せず、自らの人格を護りながら倫理感の維持と向上を行おうとする人と、それに習う人々によって、論理(理想)が現実(実態)化するのも、世中の仕組みであり、それが漫画であれ、小説であれ、童話、何だかの物語でも、『 成功を導く規則性の維持(野球に代わり、蹴球の時代を迎えた時期には、『 Kick Off から Goal(ゴール)を目指す感覚が、本邦の民に刷り込まれている(書籍 The Goal*2に基づく)』によって、世間の仕組みが構成される事を試みられた時期も有ったのかと想える程で、現在だと、他に Peter Ferdinand Drucker の思想が経営的成功術として少年期の若者達に刷り込まれていると判断できるので、成人として過剰にと関与を行わない。

+  YouTube

世情の観察

報道 - 海外

令和02(皇紀 2680;2020)年10月23日 現在


*1 当たり前に成った
*2 著者 אליהו ("אלי") משה גולדרט ( Eliyahu Moshe Goldratt )

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-23 (金) 19:16:27 (40d)