国 被生活保護者の給金を減給

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-10-23 (火) 16:03:29
  • 段階、参照:

趣旨

 1割(10%)程度まで減給する事を、日本国の民、その一人として提案する。

 但し、再来年からの導入を前提とする。

補足

 本件の課題は、既に平成25年01月29日の段階で、国会側で議論される事に成った。

棄却

改めての案件

 被生活保護者への給金には、まだ色々な問題が有るので、改めて報告書を作成する。

補足

 後(平成25年08月から)、支給額算出の方法が変わった。(実質的に、一割程の削減:節減)

解説
 代わりに(節減により)、受給者の数が増えても受け入れられる体制を整える事を可能にする案件に成っていた。
追記
 現在(平成29年03月23日)では、都道府県の地域で支給額の基礎が決まるが、それを各市町村福祉事務所にて、『(甲)居住する生活の環境によって微調整を行い、(乙)仮に多く支給されていると受給者が思うに至った時には、自ら減額の請求を行う』との体制を整える事を目論む為の観察中。(追記 平成29年03月23日)

世間的な傾向

報道

平成31(皇紀 2679;2019)年01月25日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-25 (金) 17:55:19 (677d)