裁判所 訟廷の再活用に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-04 (水) 12:18:40
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所を維持するには、膨大な費用が必要とされている。

 しかし、裁判所の存在と経済性を比較すると、然程に利益性が無い。

 また裁判所にある訟廷は、開廷されて無い場合だと空き室と成り、無駄でもあって、特に、土、日、祝日に付いても考慮する必要が有る。

 つまり、裁判所は、土、日、祝日などに「世間で事件が発生する事が有っても、扱わない」と言う傲慢な体制である。

 よって、経済性の観点などから裁判所の再活用を、考慮する必要が有る。

  1. 空き訟廷の利用

完了

報告書の作成


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:56 (369d)