国 在日特権の解消に付いて

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-10-26 (金) 09:39:02
  • 段階、参照:

趣旨

 通称で在日特権と呼ばれる、外国人(主に、China、Korea、North Korea:英語での表記における理由は、「西洋的思想との関連が強いから」と判断するに至っており、各母国の文化感と異なる事を意味する)にと付与されている特権があるらしい。

 その中でも税金分野では、違法な活動が多いとの事でもある。

 よって、その部分を中心に、特権とされる部分の見直しを検討されたい。

なお:本節の追記は、平成29(皇紀 2677;2017)年03月17日
 移民が増える事で、『(甲)倫理(自治)性が低下する、(乙)民が国家に不満、不信感を抱く、(丙)それから国家が免れる為には、「西洋的思想を基準とする国際理念に頼るほか無い」と言う大衆的操作に使われている』と判断でき、(丙)を、「西洋の思想に頼らず解決を試みると、国連から勧告を受ける仕組みに成っている」とも判断するに至っている。
補足
 後における観察から、「本邦の政府や、西洋の思想では、『東洋系(中華人民共和国、南北の朝鮮人)在日外国人の子孫が増えれば、本邦(日本)の民が、嫌悪感を抱く事は、予めに想定されていた』と想える。
在日外国人を使った、愛国心を煽る工作
 在日外国人を用いて、似非な右翼の形成を助長、それら政治的な事情に付いては、各政治団体の後ろ盾からも解る通り、「政治的な利用をされていた」と判断できる。つまり、「東洋系在日外国人の子孫は、産まれる前から、排他される事が予測されており、それの影響で『(A)人格的に倫理観の低下(精神病質性が高く成る)や、(B)同胞的な集団性への拘り、(C)過剰に団結を求める』等、米国や英国、EU圏でも、第二次世界大戦後から、『移民と倫理感(健全なる自治制)が低下する問題』は、研究(調査、観察、更生の実験など)されていたと想われる。特に米国では、自治の構成がGang(ギャング)によって運営されていた自治も多く、本邦では、無法者(やくざ等)が仕切る自治体が、類似する。
在日外国人の政治的な(工作の)悪用
 近年では、情報の操作から、 

追記 平成29(皇紀 2677;2017)年03月17日

 逆に、本邦の民で有りながら、憲法や法律を基礎とする生活観が無く、むしろ阻害する思想(宗教を含む)によって生活する事を求めつつ、まるで国家に反旗を掲げているような民の存在も、国家的に脅威と成るのだから、その制御も行う必要が有る。

補足

 今時代では、周辺の諸国( China、Korea、North Korea )における文化も向上するに至っており、過剰に本邦の文化へ依存するのでわなく、そもそも奴隷でわ無いのだから『在日外国人による母国への経済性を追求する愛国心』も求められ、周辺の諸国に対する礼儀(各国の民を、『(あ)奴隷的に扱わず、(い)過剰に差別などの排他を行わず、(う)国際的な基準に伴い、最低限の人権的保護を行う』が、双方の国家における存在の意味合いからも、過保護と成らないようにと勤める本邦の義務)を弁える(わきまえる)必要が有るのかとも想える。

留意
 なぜか、 China、Korea、North Korea において、Christianity による基礎と、近年だと、それを誤魔化す為に仏教の関係に枠を広めつつ、その根源を追求すると、 Freemasonry 等の西洋的思想による工作を疑うに至っており、中華人民共和国の民で有りながら、本邦で Christianity として居る状況にも不信感を抱くに至っており、母国側が、それを認めているのかも、本邦の経済戦略上において疑問視される。
宗教を隠れ蓑にする
 この問題は、僕的に20年以上も前から知っていたが、当時から「SPYは、それ(宗教の集団)を経由する」と指摘されていた。近年では、霊感的商法や祈祷の代償に、法外な値段で請求を行う(時には、財産の全てを提供するように強いる:事前に、催眠術の如く心理の操作が行われている事が多い)等の事件も生じているが、それらの事件を民事、刑事として、東京地方裁判所 立川支部で取り扱っている事は、確認されて無い。(多摩地域周辺には、異常な数の思想や宗教の集団が在る*1が、それらに関連する事件を民事、刑事で確認を行えず、更に宗教に関連する裁判(事件)を、司法が阻害を行っている可能性も疑える。)

提案

滞在が可能な期間の制限

 本邦において、『 義務的教育、及びそれ同等の学位を経てない者の在留が可能と成る期間は、最長で5年 』とする。

 また、再入国の許可を行わない。

  • 平成30(皇紀 2678;2018)年01月30日

併合に伴う、課題的な終了

理由 平成30(皇紀 2678;2018)年06月21日

 本件の課題は、『(甲)国 在日特権の解消に付いて - 本件』と、『(乙)国 在日特権の廃止 - 日誌/進捗/平成26年度/168』を併合(結合)させつつ、『(丙)国 不法、刑事に伴う、在日特権の剥奪 - 日誌/進捗/平成30年度/119』で解決を目論む為、本件の課題的には、終了とする。


*1 王国会館と呼ばれる施設を作る等

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:57 (535d)