国 公共機関のHPにおける文字表現を国際化する

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-05 (木) 10:57:49
  • 段階、参照:

趣旨

 日本国の公共機関は、世界水準的にも機能性が高いのかと想われ、また、世界各国に理解の有る公共機関が、今後運営される必要が有る。

 その為に、Websaite等の表記では、国際化する必要も有るのかと判断するに至っており、その関係から初期の課題で、『世界中の各国における母国語で表記する』事だが、その手始めとしては、日本語の他に7言語(英語、Russia、China、Africa、India、Hebrew、Egypt、Arabia)を必要としており、段階的(年度ごとに)に増やす必要があって、最終的に世界中の国々における公用語で表記する事が求められる。

 よって国際化に対応するべく、公共機関の体制をまず比較的に簡単とされる、言語表記から検討されたく、それらを促す報告書を作成する。

終了

観察の結果

 既に、大手の企業などが、一つの言語から世界中の言葉へと翻訳する研究が実践的に進められている。

 また、「各行政の機関による努力(予算の確保を含む)にも限界が有る」のかと想われ、過剰に行政の機関へ頼る事を避けつつ、民の努力が求められ、その努力によって必然的に民が何だかを学ぶ事にも成る。

 よって、本件の課題を、過剰に追求する理由が無いので、終了とする。

  • 平成29年03月26日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:41:59 (369d)