国 自治性と裁判員制度

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-07 (土) 21:45:25
  • 段階、参照:

趣旨

 現状における裁判員制度で扱われる事件の内容には、制限がある。

 しかし自治性や自警性を高める為に、『(あ)取り扱う事件枠を広げつつ、(い)事件の発生した地域に居住する者』を選定する。

 また事件の加害者は、『(ア)事件を発生させた自治区へと、基本的に最低5年間は、立ち居る事が行えず、当然に住民登録も行えず、自治体側が市民の登録を拒絶する権利を与えつつ、(イ)重悪な犯罪者の場合は、市町村長の権限で許可が無い限り、永年的に自治区へと立ち入る事と行わせない』との報告書を作成する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:01 (722d)