最高裁判所 接遇に付いて

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-12-12 (水) 12:42:18
  • 段階、参照:

趣旨

 数年前から、「接遇の時には、法的な根拠を示せ(実は、もともと訴訟などを作成する時に、裁判官から私が指摘され、その観点に同意しつつも逆に、それにと行政側で不足があれば、相応なる請求をするように成った)」と裁判所の職員に都度に請求していた。

 それに伴って、裁判所の職員における教育制度の見直し請求にまで、着手した事も有った。

 今回では、「未だに改善をされてない」とされる部分を指摘した。

関する、課題

簡易試験

 裁判所の職員に、簡易的な試験として以下の質問を行った。

  • 憲法の前文を把握しているか。
    • 憲法・第99条を把握しているか。
  • 入庁時に宣誓を行っているはずだが、その内容を覚えているか。
    • 国家公務員法
      • 第97条の説明を、行えるか。
      • 第99条の説明を、行えるか。

終了

理由 - 平成29(皇紀 2677;2017)年03月19日

 別件へ移行。

移行された課題

訴訟

関する、法規

憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

第九十七条

 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-20 (火) 20:47:33 (281d)