立川市役所 男女平等参画推進審議会

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-12-13 (木) 23:07:35
  • 段階、参照:

趣旨

 平成24年12月13日19時から行われた、会議へ傍聴者として出席を行った。

 その時に、以下の問題を確認した。

  1. 内容
    1. 男女平等参画に関連した内容を議題にしていると感じられない。
      1. 女性擁護
      2. 家庭福祉
  2. 傍聴妨害
    1. 委員二名
      • 解任(排除)請求
  3. 審議会
    • 解散の請求
      1. 会議形成の責任
      2. 上記などの能力に欠けていると想われる点
  4. 総合的な観点
    1. 委員会の解散請求
      1. 男女平等参画を推進しておらず、議会内用も不明。
      2. 無くても、然程に影響しないと判断する。
  5. 飲食物に付いて
    1. 委員の一人から御茶(商品)が全委員に配られた。
      1. 贈収賄に値するとも判断できる。
      2. 立広聴・第号の主旨に反する。
  6. 憲法前文の主旨に付いて
    1. 平成24年11月に立川市役所では、Compliance月間とされていたが、その効果が無い。
      1. 職員(主事)二名に確認したところ、把握して無いとのこと。
      2. Compliance読本(職員向けに配布されている資料)の8頁に記載されている内用も把握して無い。
  7. 配布された資料に付いて
    1. 委員だけが理解できるような内容に成っている。
  8. HPに付いて
    1. 男女平等参画課
  9. 事務局
    1. 部長の解任請求
      1. 配下の部下に、法令を厳守させず、むしろ労働を過剰化させ、倫理性を盲目化することを目論んでいる疑いがある。

 そもそも、「市民側からの設置要請が有ったのでも無い」と想われ、行政からの形式に特定団体の人員を贔屓して導入しつつも、一般市民を『行政支配』する傾向に有り、更に憲法を盲目化している傾向も、公務職員側に見られる。

 また担当事務局の課長は、接遇などに付いて過去に指摘をされており、改めて指摘される内容があった。

排他

 本件をもって、委員、及び公務員側などが所属や、贔屓をする、政治、宗教団体などを排他する。

 基本的に立川管内の全宗教団体は、等しく信頼が無く、次いで政治団体に付いても殆どが似非民主であって、『名ばかり民主主張に騙されているような市民性にも問題視され、朝鮮半島の北側に位置する地域の者達が、朝鮮民主主義人民共和国を提唱しているのと、然程に変わらないのかと評価するに至る。

 よって、それらに対する相応な国民的対処を行う。

  • 語句
    • 朝鮮民主主義人民共和国
      1. 我が国では、(日本)国家との立場で認めてない。
      2. 『北朝鮮』とは、英語表記の North Korea の和訳と想われるが、英語の意味する所は、『朝鮮の北側(北側の朝鮮)』と意味するのであって、「つまり地域、地方を表す」のだから、正確な和訳だと「朝鮮の北側(地域)」等と和訳的な表現をするのが正しいのかと想われる。

訴訟での対処

 本案件は、訴訟での対処案件に加え、他での委員会なども含めて、それの対象とする。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:07 (538d)