文部科学省 武道必修化に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-11 (水) 00:44:03
  • 段階、参照:

趣旨

 義務教育課程で、『武道の必修化』が生じているが、それにおける問題が未だ未解決と判断される。

 柔道、剣道、相撲からのみ選択して、授業を受けるらしい。

 また柔道、剣道、相撲は、暴力的な観点で悪用さることが多い、三種目であって、そもそも武術は、必要ない。

 私的には、合気道のみで十分だ想う。

 ちなみに、男性が開発した護身術で基本的に、「相手からの攻撃に対して、その力を防御力に換える」と言った、物理学(支点:視点、力点)の応用で有るのかとも想われます。

補足

 もともと、原案(武道の必修化)の報告書も作成を行っているが、『攻撃性の無いもの』と言う観点で、合気道を勧めていた。

 まぁ、実行されて何だかの被害を受けるのは、僕じゃない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:09 (364d)