立川市役所 侮辱的な返答に付いて

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 早急
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-12-23 (日) 18:46:24
  • 段階、参照: 平成24年・立広聴・459号

趣旨

 立川市役所から侮辱を受けた。

補足

 立川市役所へ、何だかを問い合わせると、憲法や法律、条令に基づいた返答が行われず、担当者の主観的で勝手な論理で説明する傾向が有り、国民に憲法や法律を基に、行政を理解させる事への妨げと成っている。

 また、それらの原因に、(一)そもそも公務員側で憲法、法律、条令を理解されておらず、(ニ)管轄内に有る宗教や思想の団体などが、『(ア)独自の論理を正当化され、(イ)且つ有益化する為(信者を誤認させる為:Mind Control の一種で、奴隷化に用いられる)』により、故意に憲法や法律を盲目化させる傾向にあって、(三)それらによって、当然に行政の窓口などで、民と公務員との間で論争に成る事も有るが、(四)その時に宗教、政治、思想などの組織(指定暴力団などの犯罪組織を含む)を介する形式で解決する方向へと、誘導される傾向にも有り、何だかの団体に所属すれば、合理的(非合理的な手段が用いられても、合理的を装い、違憲、不法な行為が生じても免れる対策を行う:それら不当な権力を、支配力や威力の見せ付けとする事も有る。)に利益を得られると、民に刷り込む機会とも成っている。(その時に生じる組織に対する感謝の気持ちは、犯罪の組織であれ、政治の団体でも、然程に変わらず、その心理が悪用されている)

簡易的調査

 長年の調査では、近年において人間関係工作を含め、精神病質者による教唆が行われている可能性も疑え、特に司法系(裁判所、警察など、倫理を司る司法の機関)、他に自衛隊、消防士、弁護士会、各種医師会、古来から政治家にも多く、学者や大学の教員にも居る事が解っており、「日々の訓練や業務から、上官の命令に服従を行いつつ(反意を示すと、過剰な訓練や業務を報復的に与えられ(洗脳に用いられる手段が使われ)、それに対する責任の防御では、「教育、訓練の一端」と主張を行って、罪を免れる傾向にある。:暴行、傷害*1による自殺が多いのも特徴的で、基本的な洗脳、Mind Control の手段とされる)、行動的に逆らえない人間的関係に生じやすい事」も解っており、暴力団など犯罪の組織による兄弟的関係でも生じるような人間的関係と、然程に変わらない構成が生じているような環境では、要注意とされる。

近年の動向

 現在では、自治的組織の治安が悪い地域では、その殆どが公務員の倫理性が低く、特徴的に、「規則を護る利益よりも、人間的関係における権力的な利益(悪行でも、組織で隠蔽を図りつつ、高度な知能や技能が有るからこそ、悪行に対する責任を免れる事を誇りとするような観点*2や、「神仏、精霊に護られており、それ(悪行:違憲、違法、刑法に合致する行為など)が、正義と認められるから、裁かれない」等を主張する事など)が有る」との事も解っており、『どのように排除(駆除)するのか』の責任に付いては、国民の個々に課せられている(民主主義の基本:民の個々に課せられている:自衛の概念)が、その自覚が無い人の繋がりを保っている自治も多い。

世間の事情 - 平成28(2676;2016)年03月06日

 現代に生きる人と言う観点では、公務員に限らず、「どれだけ一般の国民に重い責任が課せられているか」を、『理解させる事が行えない(過失)、及び理解させない(故意)』による単純的な二面性から展開されている問題が有り、その当人達に自覚が無ければ、改善の余地も無く、過剰に排除(駆除)する意識が強まれば、Terrorism (テロリズム)化する傾向にも有って、逆に故意で相手の心境を、Terrorism 化させる等の工作(攻撃)にも用いられるが、それらに対する自衛的な防御責任をも課せられている自覚を、国民の個々が有するような環境が無い限り、公務員による憲法や法律に基づく説明は、無理だとも想われる。

錯誤(誤解)させる公言(工作)
 その事例の一つに嘗て、「選挙は、民主的だ」と言う Propaganda (プロパガンダ)が生じており、「選挙の本質は、衆寡主義であって、民主主義と異なる」のに、大規模な展開で行われたが故に、多くの国民が、『 選挙 = 民主的 』と誤解するに至っており、その背景で、票の操作が行われる事も有る等、それらが原因で日本国の経済や、同等の現象から世界中の先進諸国における経済の低迷(他国では、Gang、Mafia など、精神病質者が中心と成る集団が、政治へと介入する状況や、古来から Christianity (キリスト教)等の文化的工作でも、『 勝てば官軍 』の方式で正当化され、阿片戦争で香港を奪ったり、日本へ武器を購入させる等、色々な悪徳的戦略が展開)する状況と成っている。

 よって、日本国の民、その一人と言う立場では、「人の倍以上の能力を発揮するに至っても、他の民による責任が過剰に免れるだけで、然程に当人への利益が無く、負担だけが増える」ので、憲法や法律、規律に基づく、国民の一人に課せられている責任を追及する程度に留め、それだけでも現状における本邦の全国民規模からの平均で想えば、かなり高度な方だと想えるのだから、過剰にと追求を行わない。

 なお、「憲法や法律、条令に基づく生活が、当たり前だとされる事が、現状だと適ってない」のも事実で、それらを宗教や思想などで、志を操作される(歪められる)ような人材へと理解させるのも困難なので、諦める事*3も検討する。

終了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年08月10日 現在

 「数年間を、経て、職員の品質が、高まって、いる」(外の事件、等による、業務の改善、等の影響を、含むと、想われる)と、感じる。

補足
 当方が、何だかの害を、被った、時の加害者職員が、『(A)代々に、本邦の民だと、限って、無い』、『(B)信仰、思想の観点に、基く、対立』、等も、確認。

 「自浄の観点から、好い、方向と、成って、いる」と、想えるので、本件の課題では、終了。

 なお、新たな事件が、生じれば、個別に、調査を、行う。


*1 俗に虐めや体罰など称する行為は、本来だと暴行、傷害に該当するが、それを何故か各新聞社などが適切に伝えてない傾向に有り、情報の操作も、大規模で行われている可能性を疑える
*2 専制
*3 小谷真生子 女史 の座右の銘を引用:経済性の効果から、放置する方が、民による自浄(自衛)の効果が生じる、及び育つとの可能性に期待

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-10 (月) 16:38:57 (168d)