東京消防庁 住民基本台帳からの情報収集に付いて

  • 頁名: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-12-26 (水) 19:45:58
  • 段階、参照:

趣旨

 東京消防庁は、『 防災に関する世論調査 』と題して、その調査依頼を民間企業へ行いつつ、立川市役所の住民基本台帳から、個人情報の摂取を行っている。

 ところが、その後において「民間企業側が、その摂取した情報を適切に破棄を行ったのか不明だった」ので確認を行った。

調査

東京消防庁 広報課

第一回目

 担当者と電話での応対が悪い事で論争と成った。

 結論的に、「担当者が、知らない」ので、後日に改めて問合せて欲しいと返答が有った。

  • 平成24年12月26日

却下

理由

 本件の事案は、後に僕から問合せを行う気に成れず、長期に再問合せを行ってないので消滅時効的に扱う。

 よって、却下を意味する。

補足

 東京消防庁は、「自らの事情で返答を行えず、改めて問い合わせて欲しい」との返答に至る間で、接遇力に欠ける横柄な応対を受けており、僕が改めて問い合わせる気持ちを喪失させている。

 また、その責任感も東京消防庁無い。

 更に、「そんな輩達に、大規模な震災が発生時に、相応の対応が十分に行われる」とも想えず(期待できず)、そのような「不信な機関に、民として頼ろうと想う方が間違っている」とも判断するに至っている。

 よって、改めての問合せを最終的に断念するに至っている。

  • 平成29年03月23日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:09 (535d)