国 Virus 性の胃がん、胃腸炎の感染を健康診断で感知する

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-14 (土) 11:24:29
  • 段階、参照:

趣旨

 胃癌(いがん)の原因とされる、Helicobacter pylori(ヘリコバクター ピロリ) の感染を、成人後における一般の健康診断でも、感染を感知する検査が必要かと判断。

 また幼児期における Rotavirus(ロタウイルス) の感染も、脅威で有るのかと想われ、「現状の我が国(日本)だと未承認である幼児期に、Vaccine(ワクチン) の投与を、検討する必要が有る」のかとも想われる。

 よって上記の二種を題材にした、報告(要望)書を作成する。

報告(要望)

文面の作成


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:10 (371d)