国 犯罪歴の有る者における、進入地域の規制

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-15 (日) 22:49:28
  • 段階、参照:

趣旨

 (A)刑法に、合致する行為(刑事)を、(ぎょう)する場合、(B)または、実刑後、再犯の恐れ(再度、犯罪に、着手する可能性)が、有る者を、犯行が、安易に、行える、生活の環境へ、立ち入らせない、規制を、行う必要が、有る。

犯罪(はんざい)とは、
 色々な、観点が、有る。僕の観点では、「犯行の罪は、『裁判所の判決によって、決定する』ので、その時まで、罪は、課せられない」との意識が、強いので、「犯行後、刑が、確定するに、至った以後の説明で、用いたい、語句」と、想っている。

 つまり、『(甲)犯行の遂行には、相応の環境が、必要で、(乙)「特定の地域に、犯行を、可能とする者が、立ち入れない」とする、規制』を、意味する。

 また、各地方自治体は、『(一)高齢者が、多い、(二)児童が、多い(保育、学校などの近隣)場所、(三)商店街、(四)行楽地、(五)娯楽場(公営賭博など)』との区分を、明確に、行い、その地域に、立ち入れない区分を、作る。

 それは、「犯行(前科:前歴とは、異る)者によって、生じる、報復を、防御する事も、含まれる」のであって、それを、『厳守する事を、規制する』が、実質的には、当事者(前科者)の意思に、委ねられる事にも、成る。

補足
軽犯罪などの再犯率が、高く、刑務所の存在的価値が、問われる。

 よって、各問題を、解消するべく、経世済民性(経済性)の追求を、前提に、報告書を、作成する。

報告

書面の作成


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-14 (金) 10:30:55 (176d)