国 司法の人員を再編成

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-02-05 (日) 22:25:59
  • 段階、参照:

趣旨

 司法(裁判所、法務省、警察庁関連などの)分野における人員を再編成されたい。

 僕の知る限り、宗教やら政治などの関係にて構成をされている、奇妙な人間関係が有ると想われ、それらによって国民が常に、何だかの危機にさらされている。

 つまり、『違憲(憲法の前文における趣旨に反する)な活動を助長する人間の関係が形成されている』と感じられる。

 よって、『相応な対策に、人員の再配置が必要』と想われる。

却下

理由

 人員の一括的な再構成でわなく、『意識的な観点での改善』にと、請求の趣旨を変える為に、本課題を却下。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月23日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:13 (436d)