国 司法税の設置

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-02-22 (水) 17:12:58
  • 段階、参照:

趣旨

 主たる、税枠の根拠は、『司法の財源を、確保する事』に、有る。

 また、牽制(けんせい)を、要する「(A)刑務所の運用費、(B)警察への過剰な投資」、等が、有る。

 よって、「(甲)裁判所の財源を、確保、(乙)他に、司法の分野で、過剰と、成っている、費用の削減を、行い、(丙)国民に、『司法の分野で、必要とされる、財源の為に、徴収される、税』を、明確に、示す」、等の趣旨で、報告書を、作成する。

課税の対象 - 改訂 令和元(皇紀 2679;2019)年06月14日
 課税は、『(a)軽犯罪法、刑法に、合致する、行為者、(b)及び、無罪(無実とは、異る:犯行が、有っても、罪を、問われない)の判決、(c)執行の猶予を、受けた者』が、主な対象と、成り、『(d)他に、全区市町村の比率で、犯罪の発生が、多い、上位(十位ぐらい迄)の自治に、居住する、民にも、税(犯罪の発生における責任は、その自治体による、健全な環境を、保全する、民の責務:つまり、自治性の責任)を、課する』が、対象と、成る。
課税の決定 - 設定 令和元(皇紀 2679;2019)年06月14日
 課税の決定は、「(a)、(b)、(c)を、裁判所』が、行い、『(d)は、警察庁の統計に、基づいて、国(国家:国会)』が、翌年度の課税と、その税率の決定を、行う」との観点も、求められる。
補足 - 設定 令和元(皇紀 2679;2019)年06月14日
 本件では、『課税が、主体』と、成るが、「犯罪の発生率が、低い、自治体には、『(あ)地方(都道府県)の自治、(い)区市町村自治』は、積極的に、色々な、観点からの公的な支援(補助金)、等を、優先に、受けられる」との観点も、重要と、成る。
犯罪の発生率が、低い、区市町村自治
 国、地方自治体へ、何だかの支援を、要求する時は、「我々の自治体は、犯罪の発生率が、低い」と、言う事を、前提(強み)を、積極的に、主張する、事で、有利に、成ると、想われる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-04 (火) 16:24:02 (21d)